[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]

メモリスイッチの設定

 PC-98ではメモリスイッチを正しく設定しないと、RS-232Cシリアル通信エラーや N88-BASICがフリーズする、フロッピーディスクから起動しない等、本体が正常起動しません。故障を疑う前に必ず設定をご確認ください。

 設定変更後は、メモリスイッチ初期化の設定を「保持する」に切り替え再起動します。ディップスイッチがセットアップメニュー方式の機種では、事前に「保持する」に切り替えておくか、設定変更直後の再起動時に [HELP] キーで呼び出して「保持する」に切り替えても有効です。

 設定方法は 4通りです。

  • N88-ROM BASIC (86)の「MON」コマンドでマシン語モニタモードを起動し、「SSW」コマンドを実行。16進の数値を直接入力する。PC-9801初代、PC-9801E/F/M/U/UV/VF/VM/VX0,2,4のみ有効。
  • N88-DISK BASIC (86)、N88-日本語 BASIC (86) 付属の「switch.n88」プログラムの実行。
  • MS-DOS付属の「SWITCH」コマンドの実行。ただし、MS-DOSに直接関係しない設定の変更は不可。サウンドボード使用時注意。
  • I-O DATAのベンチマークソフト「INSPECT」、Neko ProjectII「MEMSW」等、ソフトウェアを使用する。

 各スイッチは、2進数 8ビットです。設定値は 2桁の 16進数に変換して設定します。(例:「01001000」→「48」)

スイッチ番号システム規定値
(機種の仕様により異なります)
アドレス
ノーマルハイレゾ
SW148A3FE2HE3FE2H
SW205A3FE6HE3FE6H
SW304A3FEAHE3FEAH
SW400A3FEEHE3FEEH
SW501A3FF2HE3FF2H
SW600A3FF6H

 各項目の赤い部分が工場出荷時 (デフォルト) の設定です。

 SW1 システム規定値:48 (アドレス A3FE2H:ノーマル、E3FE2H:ハイレゾ)

 N88-BASIC、MS-DOS共通設定

ビット 機能 0 1
0 Xパラメータ 無効 有効
1 通信方式 全二重 半二重
2 データビット長 7ビット 8ビット
3 ※10 常に 1
4 パリティチェック なし あり
5 パリティ指定 奇数 偶数
6 ストップビット長 7 6
0 1 : 1ビット
1 0 : 1.5ビット
1 1 : 2ビット
7

※10 ハイレゾモード時「0」に変更すると「0 0:5ビット」、「0 1:6ビット」に設定可。

▲ ページトップへ Pagetop

 SW2 システム規定値:05 (アドレス A3FE6H:ノーマル、E3FE6H:ハイレゾ)

 ビット0〜3、N88-BASIC、MS-DOS共通設定

 ビット4〜7、N88-BASICターミナルモード専用設定

 ハイレゾモード時、ビット 4は「0:システム予約」。ビット 5〜7は「0:未使用」。

ビット 機能 0 1
0 ボーレート 3 2 1 0
0 0 0 0 : 無効
0 0 0 1 : 75ボー
0 0 1 0 : 150ボー
0 0 1 1 : 300ボー
0 1 0 0 : 600ボー
0 1 0 1 : 1200ボー
0 1 1 0 : 2400ボー
0 1 1 1 : 4800ボー
1 0 0 0 : 9600ボー
1
2
3
4 日本語シフトコード KI=1B4BH、KO=1B48H KI=1A70H、KO=1A71H
5 CRコード受信処理 CR受信時:復帰 + 改行 CR・LF受信時:復帰 + 改行
CR受信時:復帰
6 リターンキー送信処理 CRコード CR・LFコード
7 Sパラメータ 無効 有効

▲ ページトップへ Pagetop

 SW3 システム規定値:04 (アドレス A3FEAH:ノーマル、E3FEAH:ハイレゾ)

 ビット0〜4、6、N88-BASIC、MS-DOS共通設定

 ビット5、MS-DOS専用設定

 ビット7、N88-BASIC専用設定

 ハイレゾモード時、ビット 4、5は「0:システム予約」。ビット 7は「0:未使用」。

ビット 機能 0 1
0 メモリサイズ ※11 2 1 0
0 0 0 : 128KB
0 0 1 : 256KB
0 1 0 : 384KB
0 1 1 : 512KB (バンクメモリ使用時の最大容量)
1 0 0 : 640KB
1 0 1 : 768KB (ハイレゾモードのみ)
1
2
3 数値データプロセッサ (V30) なし あり
4 数値データプロセッサ (V30以外) ※12 なし あり
5 数値データプロセッサクロック数 8MHz以外 8MHz
6 テキスト画面の初期カラー設定
7 DELコード受信処理 ターミナルモード (BS)
入出力モード (DEL)
ターミナルモード(NUL)
入出力モード (NUL)

※11 工場出荷時で搭載メモリ容量が 640KB以下の機種は、初期設定値は工場出荷時のメモリ搭載容量になる。

※12 486DX/DX2/DX4、Pentium等 FPU内蔵 CPU搭載モデルの規定値は「1:あり」。

▲ ページトップへ Pagetop

 SW4 システム規定値:00 (アドレス A3FEEH:ノーマル、E3FEEH:ハイレゾ)

 ビット0〜4、6、7、N88-BASIC、MS-DOS共通設定

 ビット3、5、N88-BASIC専用設定

 ハイレゾモード時、ビット 3、5は「0:システム予約」。

ビット 機能 0 1
0 システム予約 常に 0
1 システム予約 常に 0
2 システム予約
拡張 ROM用:C8000〜 C9FFFH
常に 0
3 サウンドボード
拡張 ROM用:CC000〜 CFFFFH ※13
なし あり
4 拡張RS-232C I/Fボード、BRANCH4670ボード
拡張 ROM用:D0000〜 D3FFFH
なし あり
5 GP-IB I/Fボード
拡張 ROM用:D4000〜 D5FFFH
なし あり
6 システム予約
拡張 ROM用:CA000〜 CBFFFH
常に 0
7 システム予約
拡張 ROM用:CE000〜 CFFFFH
常に 0

※13 サウンドボード機能内蔵機種 (PCM音源のみの機種は除く) の規定値は「1:あり」。

▲ ページトップへ Pagetop

 SW5 システム規定値:01 (アドレス A3FF2H:ノーマル、E3FF2H:ハイレゾ)

 ビット0、1、4〜7、N88-BASIC、MS-DOS共通設定

 ビット2、3、N88-BASIC専用設定

 ハイレゾモード時、ビット 1〜7は「0:システム予約」。

ビット 機能 0 1
0 PC-PR201系プリンタ 使用しない 使用する
1 固定ディスクデバイス名優先 (HDD→FDDの順) 使用しない 使用する
2 固定ディスクユーザー識別名 使用しない 使用する
3 画面ハードコピー ※14 白黒 カラー
4 システム起動装置の指定 7 6 5 4
0 0 0 0 : FDD → HDDの順に検索
0 0 1 0 : 640KB FDD
0 1 0 0 : 1MB FDD
1 0 1 0 : HDD #1
1 0 1 1 : HDD #2
上記以外: ROM BASICの起動
5
6
7

※14 PC-PR201V系カラープリンタを使用、SW6-4が「使用する」のときに有効になる。

▲ ページトップへ Pagetop

 SW6 システム規定値:00 (アドレス A3FF6H:ノーマル)

 全ビット N88-BASIC、MS-DOS共通設定

 ハイレゾモード時、全ビットとも「0:システム予約」。

ビット 機能 0 1
0 未使用 常に 0
1 未使用 常に 0
2 未使用 常に 0
3 モニタモード拡張機能 ※15 使用しない 使用する
4 拡張画面ハードコピー機能 使用しない 使用する
5 電話制御機能 使用しない 使用する
6 未使用 常に 0
7 未使用 常に 0

※15 PC-9801UV/VF/VM/VX0,2,4のみ有効。


このページ内にある内容の無断での転載、引用、加工などの一切の行為は固くお断りします。





ソフマップ・ドットコム


PC-98, PC-9801, PC-9821, PC-9800, 98NOTEは NEC社の商標または登録商標です。

Pentium, ODPは intel社の商標または登録商標です。

この他、製品名、型番等は、一般に各メーカーの商標または登録商標です。