ホームへ 常温煙霧機の製作・販売 ホームへ


常温煙霧機とは

各種液体を 加熱することなく、空中を浮遊するような

細かい”煙状の霧”にして散布する機械です。




一般に、噴霧散布する”霧”には、その粒子の大きさなどによって、
@落下するものA空中を浮遊するもの とがあります。

液体の比重や環境によっても異なりますが、粒子径が非常に小さな(18〜20ミクロン以下の)霧は、噴霧後すぐに落下せず空中を浮遊します。

また、閉空間(室内)に於いて大気中の水分が飽和状態(湿度100%)でない場合には、粒子径が小さな霧は、結露現象を起さず(周囲を濡らすことなく)、空気の対流により拡散浮遊します。

各液剤をこのような状態の霧にして噴霧すると、室内の隅々まで均一に散布することができます。

常温煙霧機では、粒子径1〜10ミクロン以下の霧を発生さることができます。( 1ミクロン = 1/1000ミリ ) 


 @霧吹・ハンドスプレー・動力噴霧機など
 A煙霧機など
霧の粒径が大きいため、散布後すぐに落下し、直接散布した表面しか液剤は行き渡らず、表面が濡れてしまいます。 霧の粒径が小さいため、散布後すぐには落下せず、空中を浮遊し、部屋全体に液剤が霧として行き渡ります。



この浮遊する”霧”を吐出させる方法としては、
圧縮空気を利用する方法の他、加熱気化式、遠心式、超音波式などの方法がありますが、 粒子の細かい霧を常温で大量に吐出することができ、目詰まりなどの故障が少ない方法としては、圧縮空気を利用する方法が最適です。

福千では 独自技術による『ノズル』で この浮遊する煙霧を実現します。


 

  従来の一般的なノズルに比べ、以下の特長があります。

 

■ 福千のノズルの特長 ■
 
@  粒子径の小さい霧を大量に吐出できる
 特殊構造のノズルにより1〜10ミクロン程度の細かい霧を大量吐出(毎分50〜150cc)できるため、短時間で散布できます。
A  周囲を濡らさない
 1〜10ミクロン程度の細かい浮遊する霧であるため、大気中の水分が飽和状態(湿度100%)でない状態では、結露現象を起こさず、周囲を濡らしません。
B  目詰まりが少ない
 ノズルの構造上、比較的噴口が大きく、また霧が噴口へ直接当たらない構造になっているため、目詰まりが少なく、耐久性酢優れています。

 




お問合せ・連絡先
e-mail : teraoka@amy.hi-ho.ne.jp

Copyright(c) 1998- FUKUSEN