CG INDEX

薔薇宮の誘惑 〜アフロディーテと教皇サガ(白) 
「お待たせしました。新しいローズティーです」 カップを差し出したアフロディーテの笑みの真意を、サガは知らない....
Copyright by Yomogi
(無断転載禁止)

星矢二次SS 「昼下がりのささやかな企み」

今年は気候が温暖な所為か薔薇の発育がよい。昨年購入した大苗が今年になって、見事な黄色い大輪の薔薇を咲かせている。 なにも私の薔薇はデモンローズだけではない。様々な品種の薔薇を育てるのは私のライフワークの一つになっている。

今年はじめて咲いた黄色い薔薇をテーブルに飾って、ティータイムの準備は整った。

そろそろ時間だな――
あの御方が私の薔薇を踏みしめて下りてくる。


「この様にまどろんでいると時間が止まっている錯覚をおこしそうだ」
見晴らしの良いテラスでハーブティーを飲みながら、サガは緩やかな癖のある髪をはらはらとなびかせている。
それをうっとりと満足げに見つめているアフロディーテ。この瞬間を独り占めに出来て満足げに口元をほころばせている。

聖域はシエスタで静まりかえっている。
大半の聖闘士は公務で出払っているし、下の宝瓶宮の守護者もいないはずだ。

教皇サガ――
彼こそが私の神そのもの……私の薔薇以上に美しく、何人よりも強い。まさしくこの地上の平和の象徴だ。

そよ風に乗って、サガの匂いがアフロディーテの鼻腔に届く。
「教皇、乳香を変えましたか?どこか密やかですが、いつもと少し違う甘い花の匂いがします……何だか良い香りですね」
切れ長の瞳を眇めながら自らの手首を嗅ぎ、サガはふっと笑みを浮かべている。
「カミュから、イランイランの精油を貰ったのだ。マダガスカル産で香りが強いだろう?以前使用していたジャスミンに似ていると思って使っているのだが、鋭いな」

確かに、イランイランはジャスミンとネロリを合わせたような香り……性欲促進効果もあると言われているが、まさか!あいつは子供のくせに何を考えているのだ!!
「眉を寄せてどうしたのだ?何かあったのか?」
不思議そうな顔をして覗き込む深い蒼の瞳。私の顔が映っている。
「……新しいお茶を作って参ります」

彼が私以外の他の聖闘士の話をすると、胸が薔薇の蔓で巻かれているかの様に、ちくりと痛む。
ただ、彼の微笑みが、すべて私に向かっていたらいいのに。私の方が美しくて強いに決まっている。
私の薔薇の蔓でがんじがらめにしてみたい――。

棚の奥から小さな陶器の瓶を出しながら匂いを嗅いでみる。
試すには丁度よいのかもしれないな……。
双魚宮の上空で雲雀が高らかに鳴いている。


「お待たせしました。新しいローズティーです」
「いつもと違う香りがするな……カモミールでもブレンドしてあるのか?」
にっこり微笑みながらポットからカップへお茶を注ぎ入れるアフロディーテ。
「最近指先が冷えるとおっしゃっていたので、体が温まるハーブをブレンドしてみました。どうぞ」

カップに長い指を絡ませてそっと淵に唇を寄せて飲もうとするサガは、その姿を確認しながら口角を満足そうに上げ、目を細めてほくそ笑むアフロディーテに気付かない。

「インドの香辛料みたいな味が少ししたな」
「ええ、体を温める効果の他に、イランイランと同じ効果を与える薬草をブレンドしてみました。体が若干、火照るかもしれませんが」
「?」
もちろん、その言葉の真意にもサガは気付かない。

暫く後……
椅子にもたれて、まるでまどろんでいるかのようなサガの姿を見受ける事が出来る。
顔はほんのりと紅色に染まり、切れ長の瞳は潤み、遅れ毛がぱらぱらと顔を纏い妖艶そのものである。その瞳はテーブルの上に飾られている、黄色い一輪の薔薇に注がれている。

「教皇、少し体を休まれてはいかがですか?」
「アフロディーテ……この薔薇はずいぶん黄色いな……どこか……艶やかだ」
「今年の初物ですよ。サガ、黄色い薔薇の花言葉はご存知ですか?」
とろとろに潤んだ蒼い瞳をアフロディーテに向けるサガ。
アフロディーテは、蠱惑的な微笑みを浮かべながらサガの両肩にしなやかな腕を滑らせる。
「さあ……。教えてくれ」
うなじから香る薔薇の香りに浸りながら、うっとりとサガは睫毛を緩やかに閉ざそうとしている。
「嫉妬ですよ――薔薇の香りで貴方を包んであげましょう」

黄薔薇の花言葉は嫉妬。貴方にこれを捧げましょう

耳元でこの囁きを聞いた時、意識があったかどうか……。
崩れ落ちたサガの顔をアフロディーテは恭しく額に接吻した後、壊れ物の様にそっと彼を抱き上げた。
そして彼ら2人双魚宮の奥に消えてゆく姿は、春を謳う鳥達のみ知っていた。





暖かい海の中を漂っているかの様な心地よい倦怠感に浸りながらアフロディーテはふっと覚醒した。
すでに日が傾き始め、薄暗い部屋の中を窓からオレンジ色の夕日が部屋の奥まで差し込んでいる。
周りを覆っている薄い天蓋の幕にも暖かい夕日があたっていて、さながら床の中は繭の中の様だ。

そうか、既に夕方か……。

あまりの心地よい温もりの中、ブランケットをすっぽりと被り再び眠ろうとしたが、異変に気付き、はっと飛び起きた。
ここは一体どこだ?
確か、自宮で薔薇の香気に包んで愛しいサガを優しく抱いていたはずなのに……明らかにここは双魚宮ではない。
そしてこの褥から漂う香気は私の薔薇の香りではなく――密やかな甘い花の香り。

「気がついたか」
声の主らしき影が、天蓋の薄い幕の外に見える。
「あ、あなたは……そしてここは一体?」
今更ながらブランケットをたぐり寄せ、慎重にアフロディーテは影を目で追う。
「ふふふ……何処だと思う?」

幕の間を割って、黒に程よく近い艶やかな銀髪を気怠そうにかきあげながら、ルビーの様な紅い瞳の男が、不敵な笑みを口元に含ませ、猫の様に忍び込んで来た。 
「サガ……。そ、それでは」
私の方がサガを抱いていたつもりだったのに……。
もしや???

「幻朧魔王拳……。アフロディーテよ、私に一服盛り、眠らせて戯れようなど笑止千万!100年早いわ」
「うわあ!!」
あわてて首や胸などに手を当てて、どこか恥ずかしい箇所に情事の痕跡がついていないか、大慌てで探しはじめた。羞恥心で体中が火照るのが手に取る様に感じる。
どうやら、サガを自室の床に横たえた後から記憶が斑になっている……ここ双児宮まで飛ばされたことすら覚えていない。

うろたえていた私にとって、再び組み敷かれ弄ばれる事は、純粋悪のサガにとっては赤子の手を捻るのも当然の事で――。そのまま、成すがままに事に更けたのは言うまでもない。
嗚呼、この御方にはかなわない……。


解放されたのは、日が暮れて月がかなり高い位置まで昇ってからの事だった。
12宮の階(きざはし)を月明かりに頼りながら自宮に戻る道筋、巨蟹宮で共に公務から戻ってきたばかりのデスマスクとカミュに出会った。

「おう、どうしたんだ?ふらふらして、えらく疲れているじゃないか?」
「……君は公務から帰ってきたばかりだが元気そうだな」
「何だかやけに機嫌が悪そうだな?薔薇でも枯れたか?」
首を傾げて話を黙って聞いていたカミュが、アフロディーテのうなじに何か見つける。
「ここ、何だか出来ているぞ」
自分のうなじに指を当てながら、箇所を示そうとしている。
「……薔薇の手入れの時に、私とした事が虫に喰われたみたいだ」
意味不明な微笑みを残し、アフロディーテは2人を追い越して昇って行った。

「何だあいつ?やたら見下した笑いを残していたな」
「……あの方の匂いがした」
おもむろにぎょっとした顔をして、デスマスクはカミュを捉える。
「おっ、おい!その薄ら寒い凍気をひっこめろ!!」
「……すまん」

傍目から見たら、ありきたりな平和な春の夜が過ぎようとしていた。

翌日――
宝瓶宮からの凄まじい殺気とも云える凍気の所為で、双魚宮の薔薇がほぼ立ち枯れし、それが原因でカミュとアフロディーテの間で千日戦争が勃発しそうになったのは、また別の話。
SS by ヘーゲルさん




今回もヘーゲルさんの星矢二次SSに妄想を刺激されてのお絵描きです。双魚宮ピスケスの黄金聖闘士アフロディーテに捧げるべく、ベタベタな少女漫画時代を思い出して、薔薇で埋め尽くしてみました。
その流れで、衣装も聖衣ではなく、時代を超越した古代ギリシャ風(サガはアニメのポセイドンが着てていた日常着を借用)に。

さてさて。原作のアフロディーテは、偽教皇(黒サガ)の存在を知りながらも忠誠を誓ってましたよね。「教皇こそが正義である!」と言いきってました。
黄金聖闘士の中では彼が一番教皇に忠実だったようで、これを腐女子的に妄想すると、こういうSSに展開できるんですね(笑)。このSS後半では、宝瓶宮アクエリアスのカミュもサガに傾倒している設定になってます。最近、マイミクさんたち中心に、この手の話題が盛り上がってまして…。(ワタシのお気に入り第一位の)双子座ジェミニのサガって、やっぱり総受…おっとっと;スーパーアイドルみたいですね(笑)

ちなみに、アフロちゃんの必殺バラ攻撃をおさらいしますと
・赤バラ(ロイヤル・デモン・ローズ)=花粉を一吸いするだけで五感を失い死に至る遅行性のバラ
・黒バラ(ピラニアン・ローズ)=いかなるものも、触れるものすべてを砕く即効性のバラ
・白バラ(ブラッディ・ローズ)=相手の心臓に突き刺さり、血を吸い尽くす必殺のバラ(最終兵器)
今回の「黄バラ」は “jealous rose”ってところですかね。鋭いとげがたくさん生えた蔓が伸びてきて、相手も自分もがんじがらめにしそうだ(^^;


《お絵かきメモ》
このところ描線をパスで引かないと、どうも落ち着きません。今回は背景やバラまでも、手書き下絵の線をフォトショ上でトレースし直して正式な描線としました。直線の多い柱とカップ&ソーサーは、イラレのお得意ジャンル。きっちり線が引けて気分がいいですね。このトレース作業も慣れて、だいぶ早くなりましたが、やはり一仕事;って感じはぬぐえませんねえ。

さて、少女漫画には欠かせないアイテム:薔薇の花について。
昔から描き込んでいるので、だいたいの形は何も見なくても描けますが、今回は完ぺきを目指したい気分があって、いくつかの薔薇の写真を参考にトレースすることから始めました。それに基本色を塗り込んだあと、調整レイヤー等で花の色を変えて使いまわししています。白ばらと黄ばらは同じファイル、赤ばら・ピンク・濃赤(黒ばらのつもりで描いた(笑))も同じもの。いや〜、調整レイヤーって便利ですねえ。ひとつ作っておくと、拡大縮小、回転などで、バリエーションも利用できますしね。いくら描けるとはいっても、全部手書きでなんてやってられないし…(こういう点、すでに飽きっぽいB型らしい>私)

なので、今回、開設記念日に更新ができなかったお詫びも兼ねて、下のバラをフリー配布します。あまり使い道はないと思いますが…。
*黒背景用ですが。ご入り用でしたら、花の色変えたヤツとか、背景白のものを作りますので、お知らせください。

(横300pix)

(横200pix)

(横100pix)

構図的には、前面のバラは白にして、遠景の庭の植栽に赤バラをと思ったのですが、衣装も背景も白が基調だったので、メリハリをつけるために赤バラにしました。ちょっとくどいかな〜。

それにしても、年度初めの忙しい時期だったせいもありますが、今回の絵は構想から完成まで2週間以上かかってしまいました。面倒な聖衣も描かない、単純な構図なのにねえ〜。反省;
CG INDEX

09/04/19