きのこ&日本百名山写真館
☆きのこさん提供のきのこや季節折々の花などに加えて、きのこさんが登った日本百名山の写真集です。蟻や鳥になったつもりで見てください!
 新潟と群馬の県境「巻機山」に行ってきました。
例年ならもう残雪も少ないそうですが、今年はいっぱいの雪で避難小屋は
一階部分はまだ雪に埋もれている状態でした。
入り口は除雪されていたので二階の窓から入らなくて済みました。
 
わたしはシュラフを持っての避難小屋泊まりは初めてでしたが、思ったより快適でした。
みなさんが食事の支度でガスを使うし、10人以上いたのでけっこう暖かいんです。
ままごとみたいな食事も楽しいし、暗くなると灯りもないので寝袋に潜り込んで
山の夜を実感しながら過ごす時間はとてもよかったです^^
 
夜中は真っ暗かと思いきや、窓がずーっと明るいんです。
そっと隙間から覗いてみると満月!星も出てるかな〜と見に行きたかったのですが
ごそごそするとみなさんが目を覚ましてもいけないのでじっと我慢((^^;;
 
外は雪だしよけいに月の光が反射して明るかったのでしょうね。
みんなと一緒だったので恐さはまったく感じませんでしたが、わたしたちが下った翌日
ひとりで泊まる人がいました。わたしにはとても無理です・・・
 
 写真は小屋からの夕日、そして翌朝巻機頂上からの景色です^^
 先の山は、2009年10月に登った山形の朝日岳です。
紅葉がとてもきれいでした。
 今まで、行った山は・・・羊蹄山、八幡平、鳥海山、月山、
朝日岳、谷川岳、皇海山、奥白根山
草津白根山、
赤城山、筑波山、雲取山、富士山、苗場山、八ヶ岳、
大菩薩、美ヶ原、霧ヶ峰
荒島岳、大台ケ原、大峰山、
鹿島槍ヶ岳、槍ヶ岳、奥穂高山、恵那山、塩見岳、
石鎚山
久住山、霧島山・・・です^^
約3年ぶりに復活しました。どうぞ、ご覧下さい。
           (2010.5.16 きのこさんより)
 7月に苗場山に行きました。
富士山以外では、初めての山小屋に泊まっての山歩きで
二日間で14時間くらい歩きました。
 そのとき、山の中でたくさん「ギンリョウソウ」を見つけました!
ユウレイソウとも言われ、みんな気味悪がりますが、
わたしはこの不思議な植物が
大好きです^^(2007.7.28)
 水元公園に行ってきました。ここに、東京ではここでしか見ることが出来ないという
「オニバス」があるんです。

一時は絶滅したと思われていたのが、20年くらい前再発見されたそうです。

東京都指定天然記念物になっています。
(2007.7.22)
 葉っぱが大きくて、模様が面白いですね。葉っぱを破って花が出るんですね!
ズームしてみると、色がきれいです。朝早く開いて、午後2時頃には閉じてしまう
そうですが、9月の中頃まで見られるそうです。たくさん蕾がついていましたから、
これからが楽しみです。
 埼玉市の行田市「古代蓮の里」
10万株とかの蓮の花が満開で、その数にびっくり,
また、世界の蓮が見られるところもあって、19種類の蓮がありました.。
(2007.7.9)
 
  
      同上
 年末に高尾山頂から撮った、ダイヤモンド富士です。 (2006.12)
 先週行った仙石原のススキ、見てください。(2006.10.13)
 写真は・・相模原公園の「ミッキーマウスの木」 (2006.4)
 と「ベニバアカバナトキワマンサク」です。
 塩山の甘草屋敷
 2006年3月3日甘草屋敷の「つるし雛」
 あんまりお天気がいいので、早起きして電車にコトコト揺られ
・・江の島に行ってきました。
以前、遠くから見たことはあったんですが、渡ったのは初めて。
島に渡ってみると意外に大きな、広い島なんですね。
岩屋や灯台跡の展望台、神社など見るところもたくさん!
岩屋の中にはお地蔵さんがたくさんあり、昔から信仰の地
だったんですね。
「江の島水族館」にも寄ったんですが、水族館前の砂浜が
きれいでした。
♪いまはもうあき・・だれもいないうみ・・・つい、口ずさんで
しまいました((^^;;
砂浜を歩くと、なんとうれしいことに・・桜貝がいっぱいある
んです!
つい手のひらいっぱい拾ってしまいました。貝を拾いながら
砂浜を歩くなんて・・何年ぶりでしょう^^ 
水族館のミズクラゲ、とっても美しかったので見てください!
 (2005.11.23)
 広徳寺
 見頃は今月末頃か?
(2005.11.21)
 先週行った尾瀬の草紅葉(くさもみじ)もとてもきれいでしたよ〜
草紅葉が終わると、周囲の山々が紅葉し、尾瀬は冬支度に入るんですね。
自分の足でしか行けないところを歩くことが出来て、感謝の気持ちです。
いつまで行けるかなーって思いながら・・・^^
(2005.10.8)
 「歓酒」
歓君金屈巵
満酌不須辞
花発多風雨
人生足別離
 晩唐の詩人、千武陵の五言古詩。
「サヨナラだけが人生だ」って約されていましたが、花は咲くために散り、
人は出会うために別れるって思うと、希望が湧いてきます。
秋のせいか、人恋しくて・・・こんな詩が気になりました
今日は昭和記念公園を歩いてきました。今年のコスモスはいいですよお〜
ここ数年、台風や水不足で残念でしたが、今年はとっても元気がよくて
背も高くて元気です!今日は7分咲きって感じで、枯れた花がないのも
よかった。チョコレートコスモスってあるんです。色も匂いもチョコレート!
思わず、「甘くて美味しそう〜」
(2005.10.8)
 山梨の「櫛形山」
花の百名山に選ばれている、アヤメで有名なところです。
お花畑があるんですが、この時期は、レンゲショウマやヤナギラン、
マツムシソウなど可憐な花がいっぱいでしたよ^^
 
雨の後で、きのこも!^^
たぶん・・・「ベニテングダケ」と「ヒイロダケ」かと思うんですけど。
 
また、「サルオガセ」といって、別名「神様の髭」ともいうそうですが、
緑色の長い髭のようなものが、高い木々に垂れ下がってるんです。
霧の中、なんとも幻想的な風景でした。
仙人は霞みとこれを食べて生きてるとか・・((^^;;
(2005.8.14)
 
 八王子恩方にあるブルーベリー農園に行ってきました。
そこでは、自由にパックいっぱい摘ませてくれるんです。千円で。
それも食べ放題で^^
わたしが行ったところは6年目と言われていましたが、最近何軒も
そういうところが出来ていますね。
そこで撮った「夏水仙」です(^^)
葉っぱがなくて、まるで彼岸花そっくりなんです。
色がピンクでかわいいでしょう。
(2005.8.8)
 霧が峰に走りました。 
車山の駐車場に車を置いて、ハイキングコースを歩きます。
横にリフトがあるんですけど、せっかくなので草原の中を歩いて・・・
車山は頂上まで登ると、2000m弱です。
一時間ちょっとで登れますが、途中は雄大な草原で、ニッコウキスゲや
いろんな花が咲いていて、トンボや蝶が飛んで。
風のさわやかなこと!
 歩くと汗はかきましたが、木陰で休憩するととても涼しいんです。
(2005.7.31)
・近所で撮った「カラスウリ」の花です。
夜にしか咲かないので、8時ころ行ってみました。(2005.7.30)
・7月 町田の薬師池に行ってきました。
ついでに、隣にある「ダリア園」も・・・ダリアがあんなに種類があるとは
知りませんでした!
(2005.7.25)
 
・久々に、 陣馬山〜明王峠〜影信山で見つけた 「タマゴ茸」
(2005.7.17)
・五日市のアジサイ山
アジサイは雨の雫が似合います。
(2005.7.3)
・今日、友達に誘われて夕方、「セッコク」を撮りに行きました。
高尾山のケーブルカー乗り場の横に咲いています。
宿り木の野生のランなんですね。
本当は高い木の上に咲くので、望遠鏡が必要だそうです。
ここはみなさんが見やすいよう、下のほうのサクラの木に
咲かせているそうです。
白とピンク色が清楚な感じで、いいでしょう^^
わたしも初めて見たのですが、うれしかったです(^^)
匂いもほのかにするそうですが、よくわかりませんでした。
2005.5.31
・陣馬街道沿い、「ハンカチの木」に花が咲いていましたよ。
名にピッタリの容姿!
・昨日、陣馬街道を走ってて、こんな可愛いものを見つけました^^
八王子にもまだ残っているんですね。
今まで、どれだけの人の思いを届けてきたのでしょう。
何十年もみんなの役に立ってきた、この旧型。
文化財として残して欲しいです((^^;;
・根津神社へ歩く途中の道は古本屋さんが多かったです。
ゆっくり見たかったのですが、いつまでも着かないと困るので・・^^
先を急ぎました。そしてやっと近くまで来ると、どこから人が湧いてきたかと思うほど・・
人の列を付いて行くと、露店も出てるにぎやかな根津神社へ。
ここはツツジが有名なところです。見頃を少し過ぎたかな?っていう感じですが
まだまだきれいでした。(2005.5)
・五日市の広徳寺に行ってきました。
4年ほど前に見たときが一番見事で、年々弱ってくるような気がしますが
今年はこんなに元気でした。
 
・11月、こんなところを歩きました^^
あきる野市の秋川高校のなかの、メタセコイヤ並木です。
もう高校は閉鎖されているようですが、第一期生が植えた
並木はこんなに大きくなったんですね。
 
和名はたしか、アケボノスギです。
40年以上前、この木を選んだ人はえらいですね!
化石でよく聞く名前ですから、何万年も前からある木なんですね・・・
 
秋なのに、こんな緑が青々と・・・冬になって葉が落ち
雪が降ったら素晴らしいでしょうね〜
・朝から青梅の山を歩きました。
永山丘陵「根ヶ布の森」むかしみちを歩くっていうのが
タウン紙に載っていたので、出かけていったんです。
青梅駅の後ろからすぐ登れる、丘陵地帯を歩いたんですが、
きのこがたくさんあったんです!
もう、うれしくて・・・^^
きのこ写真館 本来の写真です。植物事典に載せられそうな不思議な
色をしていますね。
(2004.10)
・安曇野の道祖神です。(2004.10)
・8月 富士山六合目くらいに咲く、「ミヤマトリカブト」です。
・2004年8月のレンゲショウマでーす!
・朝6時起きして、薬師池に行ってきました。
ハスの花を撮りに行ったんですが、9時頃には閉じると聞いたので。
ハスは三回、つまり三日間咲くそうです。
咲くとき、「ポンッ」って音がするというので、期待していったんですが・・

ピンクの淡い色合いが素敵ですね・・・・
・夏の日のまだ涼しい早朝に蓮の花が今咲かんとする凛とした瞬間!
忘想的な情景ですね。
・五月雨の今朝は、昭和記念公園でこんな花を撮ってきました。
「トリアシショウマ」と「ポピー」です
・町田の「ぼたん園」に行ってきました。
一枚見てください。
花はどれも好きなんですが、どちらかというと、山で出会うひっそりと咲く
スミレみたいなのが好きかな・・・((~~;;
ぼたんの美しさには圧倒されてしまい、息が苦しくなるような気がします。
(2004.4)
 
・箱根湿生花園にいったんですが、そこでこんな面白い花?を・・
「ゆきもちそう」(雪持草とも、雪餅草とも書くみたいです)
(2004.4)
・「コマクサ」も見てください。
(2004.4)
・善後策?エンゴサクだそうです。
城山にて
(2004)
・10年以上前になりますが、本屋さんで、山と渓谷社の
「日本のきのこ」という本を
見つけて、1000種類もあるきのこにびっくり。
5000円もするので、図書館で借りてきては眺めていたんです。
色も赤、紫、黄、白、黒、夜光性のきのこ、形もさまざまで、
それは美しいんです。
転勤があったとき、友達がその本をプレゼントしてくれて((^^;;
興味を持つと、意外に身近にもたくさんあるんです。
そのとき住んでいた家の庭にも、「チャワンダケ」っていう、
碁石みたいなきのこがあったし・・・
冬虫夏草なんていう、ちょっと気味が悪いのもありますが。
山を歩いてて、ふと見つけたときなんかうれしいですねー
年を取ったら、もっと山を歩いて写真撮りたいです。
でも、きのこって、朝出て、夕方には消えるのもあるから・・・
根気がいりますね((^^;;】←小峰公園のきのこ1
“きのこがこんなに鮮やかで美しいとは今の今までしりま
せんでした。”(よしちゃん感想)(2003.7)
・御岳山に9月になってもいくらか残っています。
(2003.9)
 富士山 夏登山紀行
 5合目駐車場を午前11時いざ出発^^。六合目までは45分ほどで、ここで地図をもらいました。
富士山には14軒も山小屋があるんです。わたしが取ったのは、一番上の「トモエ館」電話で聞い
たところ、五合目から5時間、頂上までは2時間です、とのこと。ご来光見るためには、2時頃起
きたのでいいらしい。
そのほうが楽でいいかと、簡単に考えたのが・・・間違い(((~~;;
  地図によると、七合目までは一時間。ここに一番多く山小屋が順番に7軒も並んでいます。歩
き始めて一時間くらいのときが、一番しんどくって・・・
でも、お昼におにぎりを2個食べて元気になります^^
  次ぎの目標、八合目「太子館」まで100分とあります。ここにも、下から順番に、太子館、蓬莱館、白雲荘、元祖室と山小
屋があります。このへんで泊まる人が多いのか、ずっと一緒に歩いてた姫路から来たらしい子供たちのグループともお別れ。
  歩いてる人のなかには、70歳を越えてるようなおじいちゃん、手を引かれた目の不自由な方などいて、ついしんどくって来
たことを後悔しそうになる気持ちが、また励まされます。
  ここを過ぎると、次ぎは、本八合目。「本八合」っていう黄色い看板が見えているんですが・・・見えてるのに遠いこと。この辺
にくると、ぐっとペースが落ちて・・・
5分歩いては5分休憩。足場は石の段々がずっと登りだけ、富士山に下りはないんだなーって。10歩歩いては立ち止まり・・・
10歩歩いてはしゃがみこみ。
 80分で着くと書いてるのに、これではいつになったら着くことやら^^#もう、トモエ館キャンセルして、近くの山小屋にしたいな
ー・・・そんなことを、ぶつぶつ言いながら、足はちっとも前に出ません。きっと、酸素が少なくなって体が動きにくかったんでしょう。
本八合目で、3360mとあります。 5時間の予定を大幅に過ぎて、午後6時やっと倒れるように到着。着いたらすぐ、食事。
これは、ハッポウスチロールの容器にボンカレーでした。一度寝たらトイレに行くには、みんなを踏んで行くしかない!後で、
下の山小屋の人に聞いたところ、「みなさん、上がいいかと思って泊まる人が多いですが、ほんとは 真ん中くらいの山小屋
がいいんです。上は酸素が薄く寝ても 疲れが取れません。下で同じ時間寝たほうが、ずっと楽ですよ」ですって。
  わたしみたいな人が多いのか、トモエ館は超満員。8時に消灯なんだけど、なかなか寝つかれず・・・さあ、わたしは2時に
起きて頂上で、ご来光を見れるでしょうか!
 夜中一時過ぎから早い人がごそごそと準備を始めるので目が覚めます。もっとも、11時頃までは眠ったような気がしますが、
その後はうとうとしてただけ。
2時にはみんな起きて、出掛ける仕度をします。わたしも防寒具を着込みますが、寒さには強いのであまり気にしていません
でした。外に出ると、オリオン座をはじめ、星が降るようです。気温は0℃くらい。地上にも町が遠く星のように輝いていました。 
 歩き始めたのはいいんですが、山小屋のお兄さんの言ったとおり、疲れがとれてないせいか、空気が薄いせいか、全く足が
進みません。少し歩くと「ご来光館」という小屋があったので、ここに入り、酸素ボンベを買いました。これが、90秒なのに
1500円と下の倍以上ですが仕方ないですね^^お味噌汁も飲んで休憩(中味はふがひとつ、ワカメで500円)元気になった
はずなのに、やっぱり、10歩歩いては休憩、10歩行ってはしゃがみこみ・・・という具合。やっぱり酸素が少ないせいでしょ
うね。身体が思うように動かないんです。下からも多くの人が登ってきているので、ぞろぞろと列が途切れません。みんなよく
歩けるなぁーと感心しながら、すぐに列から離れて座りこみます。 
 2時間で頂上と聞いていたのに、5時の日の出が近づいても半分くらい。もうここでいいよっと座りこんで日の出を待ちました。
もう冷凍庫に入ってるみたいに、足の先と手が冷たくて、おまけに風を避ける場所もなく、でも、歩くよりましと・・ 
  1枚目の写真はご来光が始まる少し前の空です。 
 空の色が次第に黒から藍に・・・オレンジ色に・・壮大な自然に圧倒され、寒さも一時忘れていました。頬を濡らした涙は、
寒さのせいと感動と((^^::ここまで登ってきてホントによかったと思えた瞬間でした。 
 ご来光を見てから、再度頂上を目指すも、風が強く・・・登りきる自信がありません。そこで残念ながらリタイア。 
 後は、下るのみ。下るのもたいへんと聞いていましたが、わたしは登るよりは
はるかに楽で、4時間で五合目に降りてきました。0℃と下界は30℃・・・うそみたいです。(2003.8)
本日は閲覧ありがとうございます。
注@上記写真はきのこさんが撮影したものです。従って、写真の著作権はきのこさんに帰属します。(横480ピクセル)
相模野の自然と文化財