万物は鏡 2008年 春
  経営コンサルタント 山川 茂宏の日々のつぶやき
 
すでに起こっている未来
     Future ing
HOME

万物は師
Teacher
2008年6月24日

古くから継続しているものの中に本質はある気がします。

癒しやヒーリングなどと云われることも、古来より続いて

いることは不変の本質があるように思えるのです。

疲れた時は体の声を聞き、体が本当にしたいことを

することが肝心。体の声、聞こえますか?
神代より温泉だったという日本初の公衆浴場だそうです。不思議と衛生的に感じました。
2008年6月22日

映画「西の魔女が死んだ」を見ました。親子3人で映画を見に

来ている家族が多かったのが印象的です。

早寝早起き、自分のことは自分で決めることが魔女の第一歩。

森の中の木々の匂いがする映画でした。
西の魔女が見ていた山々
2008年6月20日

冷蔵庫の上においてあったサンスベリアの鉢に新芽がでて

いました。4月から9月ぐらいはどんどん伸びるそうでたまに日向

に置いたり、水を10日に1回はたっぷりとあげるなどとマメに手を

加えています。多忙な日々の中、手間かかりますが、成長する

のが励みとなっています。
元気でたくましく育て欲しい
2008年6月17日

毎年、この時期になると楽しいこと、うれしいことがあります。

近所にユリを花壇いっぱいに植えられているお宅があるのです。

ここ2,3日で満開になりました。毎年、見事としか言えないような

咲き方なのです。いつもありがとうございます。
とても甘くいい香りがします
2008年6月15日

函館の駅前のオブジェです。

親子をイメージしたようです。

なにか家族の絆とか親の愛情の大きさを感じました。

次の時代にもっと評価される。「駅前」だと思います。

親子が安心して待ち合わせる場所でありたい場所。
駅前の色合いとして「赤」がとってもマッチしていました。
2008年6月9日

ある企業の新人研修講師を実施したときの感想です。

実に優秀な人材で可能性を感じさせました。

個の能力を最大にする「しくみ」を作りたいものです。このまま

大きくたくましく育ってほしい。
同じ土壌でも花の色は異なります
2008年6月6日

アジサイが咲きだす季節になりました。土や環境によって

花の色も変わったり見るだけでも楽しいです。

環境によって変わるというのを目の当たりにすると改めて企業の

風土つくりの大切さを感じます。
ちょっとした粋を感じさせるある家の玄関前です
2008年6月5日

2004年のくいだおれ人形です。今年一杯と思うと残念です。

大阪の象徴のような店名と人形がマッチしていました。

記念撮影場所でもありました。
大阪のたこ焼き、いか焼き、阪神の地下なぜかホっとする空間です
2008年6月1日

写真はかつて3つの村で水の争いが絶えなかったときに賢者が

均等に3つに分かれるようにした施設です。水は古くから人間の

生活に必需だったため明確で公平な分配方法が必要だったの

かもしれません。清らかな水は心身を清めてくれる気もします。
人間の争いを収めたしくみ、明確、均等は普遍かもしれません。
2008年5月31日

この時期は百花繚乱という季節で花々が咲きほこっています。

植えた人とその人に感謝するこころ、何か花ひとつで人のこころ

が変化するように思います。時には元気や安らぎを与えてくれま

。花の美しさ、人のこころを理解する感覚を持ち続けたい。
きれいな花を美しいと思えるこころがありがたいですね
2008年5月29日

山の中で撮影した藤の花です。藤だなで有名ですが、自然の中

にあると周囲の植物と調和してまた、違うあじわいがあります。

人間が管理したものしか知らないというのは残念な気がします。

さまざまな視点を持ちたいものです。
自然の中でたくましく育っている強さ、美しさを理解できる人でありたいと思います
  左の植物はオーガスタと呼ばれるものです。

窓辺に置いているので逆光です。小さな葉が徐々に大きくなるの

かと思っていたら、一番大きな葉が最新のものなのです。

出藍の誉れという諺がありますが、自分より優秀な人材を育て、

いかに登用することが人材育成の本質ですね。
立場の上の人は下の者の才能や可能性をつぶさないように良い土壌を作ることが大事ですね
左の植物はコーヒーの木です。実がつくそうなので楽しみです。

今年の1月から育てているのですが、最初は下の葉が枯れて

ダメかと思いました。しかし、しばらく日当たりと水やりに注意して

いると小さな新芽がでてきました。今では御覧のように輝いてイキ

イキとした葉が育っています。生物を育てるには時期を守ることが

本当に大切だと思いました。
時代の流れの根底を読み、時期に適した行動を実施することを常に意識したいですね
今週のひとこと
A word in this week
この強さ、ただものではないと

常日頃思っています。昨年までは

きれいに取り除いていたのですが、

今年からは様子を見ることにしま

した。芝生や玉竜とどのような関係

になっていくのかを見てみようと

思います。こう考えたのも宮脇

さんの影響です。
ぐんぐんの伸びる時期です。

毎日1cm程伸びているみたいに


水分をかなり吸い上げているようで

まっすぐにピンとして立っています。

うれしくなります。根を張って、

より強く、しっかりと

空を目指してまっすぐに
アジサイの花も満開の季節

は短くそろそろ枯れてきたものも

でてきました。枯れていく方法や

時間もそれぞれ味があります。

花が枯れるのを見るときいつも

中村天風の言葉を思い出します。

散る桜、残る桜も散る桜

花の散り際に美しさを感じます

梅雨入りする季節になると

だいぶ緑が濃くなってきます。

葉をカットして土を入れて、

カットして土を入れてを繰り

返します。

継続は力なり
この季節は、1年でも植物が

一番成長するときのようです。

伸びている時期は管理もマメ

にしないと、病気が入りやすく

なるようです。

成長期に表面化した問題は

根本原因を除去しましょう
HOME | 体験談 | つぶやき | 言葉に学ぶ
  Copyright© Shigehiro Yamakawa All right.