|| フレキシブル義歯 ||



 気づかれない入れ歯・フレキシブル義歯

>>
入れ歯の金具・気になりませんか?
 金具(バネ)を使わない新しい入れ歯です。口元が綺麗で気づかれません。



入れ歯・フレキシブル義歯 入れ歯・フレキシブル義歯 曲がる入れ歯・新素材
入れ歯も進化します。

 柔軟性のある入れ歯です。皆さんの知っている入れ歯とは異なります。欧米を中心に実績がある審美性と機能性を兼ね備えた今までにない発想の入れ歯です。従来型では金具(バネ)で支えるものが主流でしたが、入れ歯も進化し次世代型は金具(バネ)を使いません。フレキシブル義歯もその一つで、金具を必要としません。


入れ歯 入れ歯
下の顎の状態 フレキシブル義歯を装着
金具は使いません。
入れ歯 入れ歯
上下の奥歯が欠損 上下にフレキシブル義歯
歯ぐきと同化します。
入れ歯 入れ歯
下の歯の状態
前歯と奥歯が欠損
フレキシブル義歯装着
目立つ金具がありません。

ご希望の入れ歯が可能かどうかは診察および検査が必要です。


 普通の入れ歯は弾性のない樹脂でしたが、この入れ歯はカーボネイトやスーパーポリアミドという素材を使用します。この素材は弾性に優れ、金具がないため見た目に美しく、金属タイプや差し歯タイプの入れ歯に比べ安価です。 約8万円〜18万円大きさによります。

 当クリニックで使用するフレキシブル義歯は、「ジェットカーボ」と「スーパーポリアミド」の2タイプを用いております。金具のない入れ歯はメディアにも取り上げられており、今後は主流になるでしょう。



>>フレキシブル入れ歯の特徴。

・見た目が自然で綺麗
金具(バネ)を使用しません。
スマイルラインも自然な感じで人目も気にならないでしょう。
入れ歯・フレキシブル義歯  フレキシブル義歯
 金具を使わない新素材・口元が綺麗で目立ちません。
入れ歯・フレキシブル義歯  プラスチック義歯
 部分入れ歯は金具が目立ちます。


・手入れが簡単
複雑な金具(バネ)は必用としません。
金具に比べると食べカスがつき難く、ブラシを使用して簡単に洗えます。


注意
保険は適用されません。

歯の状態によっては使用できないこともあります。
現在、金具式部分入れ歯を使用の方には概ねご使用いただけます。
経年変化、生活習慣により劣化(着色など)することがあります。

ご希望の入れ歯が可能かどうかは診察および検査が必要です。

 ■入れ歯の費用・価格

 ■お困りの方、ご希望の方はご連絡ください。


←戻る ▲TOP 次 →





Copyright Hakuho.Dental Clinic All Rights Reserved.