木曾義仲史学会
■義仲をもっと知りたい!ナマで感じてみたい!そんなアナタに朗報!■

この会は、木曾義仲の研究促進のため、会員相互の情報の交換と交流を
通じて いこうというコンセプトの元に運営されています。

私は子供がいるのでほとんど参加できませんが、
総会のほかにも、ゆかりの地を義仲通の仲間たちと旅する企画や、
秋の研修会などいろいろ活動をしています。
会報「義仲」も、毎号義仲の話題でとてもおもしろいし
勉強にもなります。

★只今会員募集中★


事務局:長野県東筑摩郡波田町 千村 清文


義仲史学会について、具体的にお知りになりたい方は、是非事務局(千村さん)までメールを♪
yoshinaka-shigakukai★angl.co.jp
(リンクを外してあります。コピー、ペーストの後、★を@に変更してください)


総会レポート紹介(ずいぶん前のですが、以前私が参加した時の総会の様子です)
平成12年5月13日に、総会へハジメテ出席しましたが、メンバー の方はみんな義仲つながりなわけで、もう大興奮(爆)
義仲縁の方々、郷土歴史研究家、長野県縁の方々などなど・・・げーりぃなどは、
どれにも当てはまらないただの素人よっしーファンですが、皆様暖かく迎え入れて くださいました。総会の運営うんぬんから始まり、研究発表会も催されました。
今回の発表は以下の2件でした。

 ○「義仲・上野国多胡館誕生説−大蔵館誕生説への疑問−」
 ○「謡曲と義仲」(謡曲の解説つき鑑賞あり)2

義仲誕生説では、ワタシ的には、よっしーは1153年生まれなのか、54年生まれなのか、 どっちやね〜んって思ってましたが
やっぱりそれは両説あるらしく(涙)けれど、よっしー のお父さま「義賢」のことが聞けて嬉しかった・・・(感涙)
あと、謡曲は「巴」を披露してくださいました。イヤハヤ、あらすじ知ってると、謡曲も ちゃんと聞ける〜〜と、またこれも感動(涙)親切な解説が、すごくよかったです。
その後、宴会となり、みなさま、飲めや食えやで盛り上がりました。ワタシは車で参加して いたので、泣く泣くお酒は辞退(涙)
次の日仕事でしたのでそのまま帰りましたが、他の メンバーの方は、その会場にお泊り、一日よっしー談話に花を咲かせたことでしょう!
ワタシも、個人的にとてもステキな出会いもあり、ホントに参加してよかったと思いました(^^)


表紙へ