義 仲 考  略  歴 木曽義仲家系図
父 義 賢 息 子 義 高
女 性 関 係 源平年齢合戦
■  略   歴  ■
1154年生まれ。幼名「駒王丸」。父帯刀先生義賢、母小枝(さえだ)義賢の次男として誕生。
1155年8月16日 2歳の時、悪源太義平により父親が大蔵館にて殺害され、母は駒王丸をつれて逃走。斉藤別当実盛・畠山重能の計らいによって、佐久(長野県)の矢田義清の居城「大崖城」に逃れる。
1156年 木曾の中原兼遠のもとで養育される。
兼遠は駒王丸を文武両刀、気は優しくてちから持ちをモットーに育て、実際そのように育った彼は、1166年、京都石清水八幡宮で十三歳で元服し、木曾次郎義仲と名乗った。清盛が太政大臣に任命されるのはその翌年。
1170年 海野兼保(兼遠の兄)の娘 山吹 と結婚
1173年 義高誕生
1180年に以仁王の令旨を受け挙兵。北陸・信濃で勢力を拡大、上京をめざし固く準備をする日々をすごす。この年、義高元服。
1183年3月 義仲の叔父 新宮十郎行家を匿ったとして、いとこの頼朝と険悪なムードに。義高を大姫の婿として鎌倉へ。それにて、とりあえず鎌倉は黙らしたものの、いざ入京するとそこは飢饉の真っ最中。馬に食べさす草もない。そんで、ちょいと人に黙って田んぼの青葉を食わしたりしたから、都の人はかんかん!みるみる評判は低下、結局頼朝軍に追われるはめに。1184年1月20日、琵琶湖南岸粟津河原にて兼平より一足お先に没。

■義仲 源氏 系図■
清 和 天 皇
U
貞 純 親 王
U
経 基 王 (賜源姓)
U




U



U U U



U U U



U U







U U U
U



U U










U


U U U











U U








U U


寿