上川庄二郎写真集
ミクロネシアの自然と文化

上川庄二郎写真集
ミクロネシアの自然と文化
Memorial Photo Album of 'Oceanic Grace' Cruise

発行日:1997/06/25
著者・発行者:上川 庄二郎
印刷製本:みるめ書房
神戸市灘区岩屋中町3-1-4
tel:078-871-0551
定価:1,500円

この写真集は、

『ミクロネシア連邦の中山大使とナイチ公使が来神された時の晩餐の席で依頼のあった、ミクロネシア連邦の島々で不可欠でありながら不足している消防自動車の現地へ搬送に高額の運賃(1台に付きUS$6,000.−約¥700,000)が掛かかるため、上川氏が自費出版される写真集「ミクロネシアの自然と文化 ポナペ、トラック、パラオ−THE HEART OF MICRONESIAN CHARM−」1000冊をこの会に無償提供いただき、更に、自分が配布される友人や各団体にも事情説明の上、御協力いただく事になった』 (会報カセレリア17号より)
話の元となったものです。
 もしこのホームページをご覧になり、ご希望(定価1,500円 送料別)の方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。皆様の御協力をお願いいたします。

以下は写真集に収録されている写真のごく一部です。(上川氏の快諾を得て、引用掲載致します webmaster)


Nan Madol Ruins of Pohnpei

ナン・マドール遺跡は、12世紀に造られた海上都市(Nan Madol Ruins)(1996.2.24)

玄武岩で積み上げられたナン・ドワス宮殿は、太平洋島嶼地域最大の石造遺跡。彼等の祖先は文字を持たなかったため、誰がどうやって造ったのかは今以って謎という。
ここが浦島伝説にいう竜宮城ではなかったのか?と真剣に研究している学者もいるらしい。(「ミクロネシアの自然と文化」より)


Keprohi Falls

ケプロイの滝(Keproi Falls)(1996.2.24)

FOMが支援するPATS(ポナペ農工高校)から歩いて30分、ジャングルを抜けると数十メートルの高さから豪快に下るケプロイの滝がある。滝壷は天然のプールになっており、地元民も泳ぐ。(webmaster注)


Local Lady capped with Mwaramwar

マラマーでめかし込んだ現地の女性(1996.2.23)

(観光客用に演じられる:webmaster注)ポナペダンスを取り仕切るボス。Kaselehlie(カセレリア!=こんにちは!)のひと言で、私のカメラに気さくに応じてくれた。【日本オセアニア協会・第10回写真展 隣人オセアニアン に入選】(「ミクロネシアの自然と文化」より)


FOM's pageFOM's page Home pageHome page


To Webmaster


Friends Of Micronesia/fom-net@amy.hi-ho.ne.jp