あなたの参加を待っています


  1. FOMのそもそも
  2. FOMの活動
  3. FOM会報「カセレリア」から
  4. FOMの収支
  5. あなたの参加を待っています


 私達の活動に関心を持たれ御理解と御協力いただける方は、どうぞ御入会下さい。ポナペ島(現ポンペイ)をはじめミクロネシアの島々には、筆舌では表現しかねる澄みきった空気、紺碧の海、珊瑚礁の美しさ、濃い緑に映えるハイビスカスなどの花、そして、大らかな島の人達。一度行けば二度、三度と行きたくなり、行かれた人は年令を問わず、皆自分の今までの人生、生活を見直す事が出来たとも云われます。
sunset flower
Photo Manami Shimazaki 1995(C)

 戦後40数年間、東西の冷戦の影響で独立が遅れ、産業育成の道も殆ど絶たれていました。ミクロネシア連邦を中心とする国々が晴れて自立、自活するために、市民の皆様 (戦前、南洋群島には何万人もの日本人が出かけました)が、個人、グループ、学校、会社、職場単位で御協力いただければ、ミクロネシアにも夢のある21世紀が必ず訪れる事でしょう。
 天国に近い美しい大自然を破壊する観光産業ではなく、海の、太平洋の資源を生かした国造りが可能です。どうぞ御協力下さい。

以下は設立時の入会案内です。


各位殿

            1988年2月20日
謹啓、
”フレンズ オブ ミクロネシア”の設立目的は、 故コスティガン神父 がその生涯をかけて創立し、育成された 全ミクロネシア (その海域の大きさは北米合衆国よりやや広い)唯一の実業訓練校、 ポナペ農工高校(略称PATS) の存続を支援する事により、 全ミクロネシアの自活・自立に協力することにあります。

アメリカ、ヨーロツパをはじめ、全世界の有志の方々に伍して此の学校の 育英基金を集めることが第一義ですが、会の発展と共に、機関紙の発行、 日本の実業学校との交流、PATS視察を中心としたミクロネシア親善旅行、 更に、日本留学を指向する同校卒業生の受入れ援助、同校への日本人 ボランティアの育成派遣等々、多くの事業を計画しておりますので、 一人でも多くの賛同者会員が増える事が必要なのです。

さて、”フレンズ・オブ・ミクロネシア”ですが、発起人会を開き、役員 (運営委員)を選び、正式の会の発足を致す所存でおりましたが、朝日新聞、 毎日新聞、神戸新聞、日本工業新聞、日刊工業新聞等、マスコミの方々の 御報道を戴き、会員の方々の地理的な広がりも早く、神戸に於いてその様な 会を開く事が、ほとんど不可能、かつ、神戸地区のみの発起人会は無意味なもの と考えますので、2月20日を以って、正式な”フレンズ・オブ・ミクロネシア” 設立、発足とさせて戴きましたので、御諒承ください。

僭越ながら、私、本吉義宏が会の代表を務めさせて戴き、役員の方々は各地域、 都道府県の会員の皆様の中から選ばせて戴き、私がお会いしてお願いにあがる 所存です。

役員定数は定めず、始め20名程から、会員数の増加に従い、役員の増員もお願い したく思っております。

入会金は一律 2,000円
年会費は一口 3,000円
と致しますが、その他、特別協力金も戴いております。

会員は国籍、年齢を問わず、会の趣意に御賛同戴ける方と致し、
御入会戴いた方へは会員証をお送り致します。

御入会にあたりましては、
銀行口座は下記の通りですので、御案内致します。
種別 銀行口座
振込先口座番号 みなと銀行 本店営業部
普通口座 1735151
名称 フレンズ・オブ・ミクロネシア
事務局 荒牧 英理子
趣意書をお読み戴き、御賛同戴けますなら、下記事務所宛御連絡ください。
お振込み頂いた方のお名前が分かる郵便振替口座を準備中です。
郵便振替口座ができるまでの間、上記銀行へのお振込みの場合、御名前、御住所を下記事務局あてにご連絡いただけると幸いです。
新規ご入会の方は併せて年齢、御職業を名簿作成のためにお知らせください。

フレンズ・オブ・ミクロネシア事務局
〒650-0021神戸市中央区三宮町2丁目4番1号
(株)エフ・エル・エス内 事務担当 荒牧 英理子
電話:078-327-3811 FAX:078-327-3824

代表代行:本多 裕美


previous pageprevious page


FOM's pageFOM's page PATS's pagePATS's page Home pageHome page


To Webmaster


Friends Of Micronesia/fom-net@amy.hi-ho.ne.jp