カシオ E.ミダ特命全権駐日大使が来神

2004年6月18日、新任のカシオ E.ミダ特命全権駐日大使、ジンジャー V.ミダ大使夫人ならびに長い駐日歴でFOMとはおなじみのジョン フリッツ公使が来神され、神戸市内のホテルでFOM会員と面会の後、市内のレストランで会食しました。

大使はFOMの長年にわたるミクロネシアへの支援に謝意を表されると共に引き続きの支援を要請されました。

出席したFOM会員には日本とミクロネシア国交開始時に作成されたものと同じ両国国旗をあしらったバッジをプレゼントされました。

ポンペイ出身のミダ夫人は現地駐在会員として活動した辻会員とポナペ語での会話を楽しまれ、また夫人が現地の有力日系一家、秋永家の血縁であることを聞き、上川会員はじめ縁の不思議を一同感じました。

和やかな雰囲気の中、大使は出席した会員一人一人と握手されました。


左からミダ大使、令夫人、フリッツ公使左からミダ大使、令夫人、フリッツ公使


乾杯乾杯


会員あいさつ会員のあいさつの中でポンペイ行きの回数や新婚旅行でのポンペイ行きの話を聞かれ、驚かれた大使夫人


FOM会員FOM会員 中央右手を上げているのは本吉代表


FOM's pageFOM's page PATS's pagePATS's page Home pageHome page


To Webmaster


Friends Of Micronesia/fom-net@amy.hi-ho.ne.jp