大阪青雲会の掲示板
スパム投稿防止の為、投稿時に投稿キーを入力して下さい。
投稿キーの有効時間は30分です。30分以内に投稿しないとエラーになります。
エラーになるとコメントに入力した内容が消えてしまいます。ご注意下さい。
投稿できる画像のサイズが大きくなりました。(300kbまで) 留意事項も読んでね。
[アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
タイトル
コメント
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

犬鳴山も雪でした。 投稿者:ミツダ 投稿日:2018/02/05(Mon) 18:23 No.4330   
犬鳴山温泉から渓流を登っていくと徐々に雪が現れはじめ、山頂の5本松ハイランドパークは雪で覆われていました。
左はハイランドパークでの集合写真。


Re: 犬鳴山も雪でした。 - ミツダ 2018/02/05(Mon) 18:29 No.4331
左周り周回で、尾根を徐々に降りていきます。
途中の高城山でも集合写真。ここも雪。

今回は、何事もパプニングなく、予定通り犬鳴山温泉に下山できました。



Re: 犬鳴山も雪でした。・・・・・「行者の滝」 - toki 2018/02/07(Wed) 00:37 No.4332

 犬鳴山バス停からいくつかの滝を見ながら観光気分で歩き始めました。

 それぞれの滝は景観として優れ、数は少ないものの赤目滝に少し似ていると、参加された人が言われていました。

 やがて大きな不動明王が祭ってある広場に到着し、ここで一旦休憩し、「荷物は見といてあげる。」との毎日が日曜さんの言葉に甘え、大半の人が荷物を広場に置いたまま、折り返す道を行者の滝に向かいました。

 行者の滝は観光地となっていましたが、GOTOさんの後ろにあるロープ状のものは鎖で、修行または岩登りができるようになっていました。



Re: 犬鳴山も雪でした。・・・・・「ハイランドパークの少し手前・雪道」 - toki 2018/02/07(Wed) 00:38 No.4333

 その後荷物を置いていた広場に戻り、登山道にはいります。

 500m位までは雪がなく、1週間前に400mを超えたあたりから雪が登山道にあった大文字とは違うことがわかりました。
 京都市内と大阪府南部ではさすがに雪の量が違います。また、桟敷ヶ岳は写真で拝見するとかなり積雪が多かったわけで京都市内北部の標高が700mを超えるような地点では更に雪深いことがわかります。多分比良山系も、犬鳴山例会当日や先週は同様に雪が深かったのでしょう。

 ただ、犬鳴山も600mにさしかかる頃には足元に雪が積もりはじめ、700m付近になると写真のような状態でした。

 場所はハイランドパーク到着の約10分前、時刻は12:00頃です。

 気温が低かった影響か、雪がべとついておらずサラッとして滑りにくく歩きやすく感じました。



Re: 犬鳴山も雪でした。・・・・・「ハイランドパーク〜高城山」 - toki 2018/02/07(Wed) 00:40 No.4334

 No.4330の集合写真の後、ハイランドパーク管理棟1階の休憩所で昼食としました。

 屋外は強烈に寒く、建物の中で食べれて本当に良かったと思いました。

 会長は、先週の大文字山例会のときと同じお弁当を持って来られており、「この唐揚げを取られたんだ。」と説明されていました。

 参加された皆さんは、今日は囲いがあって良かったね、とか京都からトンビがストーカーになって追いかけてくるかも知れない等冗談を飛ばされていました。

 写真は、ハイランドパーク出発後高城山までの区間です。
 
 No.4331の高城山で当日2回目の集合写真を撮影後下山しました。
 下山ルートでは、凍結しているため箇所が所々にあり、その都度慎重に通過していきました。



Re: 犬鳴山も雪でした。 - 「野坂岳」担当者 2018/02/09(Fri) 01:59 No.4336
上げておきます。

青春18きっぷなど、案内通りです 投稿者:「野坂岳」担当者 投稿日:2018/02/09(Fri) 01:58 No.4335   
青春18きっぷや電車の時刻など、例会案内通り実施します。

桟敷ヶ岳の雪は 投稿者:さか 投稿日:2018/02/04(Sun) 20:34 No.4325   
比良は雪が少なかったようですが、一週間後の京都北山・桟敷ヶ岳の雪は、たっぷりとありました。
まずは、登山口の雲ケ畑の岩屋橋までマイクロバス・もくもく号に乗車しました。


Re: 桟敷ヶ岳の雪は - さか 2018/02/04(Sun) 20:36 No.4326
薬師峠までは、沢沿いに進みます。
沢にはまらないように注意して・・・



Re: 桟敷ヶ岳の雪は - さか 2018/02/04(Sun) 20:39 No.4327
薬師峠から先は、気持ちいい尾根道を進みます。
雪は降り続いています。



Re: 桟敷ヶ岳の雪は - さか 2018/02/04(Sun) 20:42 No.4328
雪が多すぎて、これ以上進むことを断念し、記念撮影。



Re: 桟敷ヶ岳の雪は - さか 2018/02/04(Sun) 20:45 No.4329
途中の雪景色です。


大文字でアイゼン装着 投稿者:iba 投稿日:2018/01/29(Mon) 21:08 No.4319   
カフェ山行でしたが、集まったのはおっさん8名+紅一点oさん。低山の大文字山とタカを括っておりましたが、
400m付近でアイゼン装着。滑りやすく緊張した雪山山行を体験できました。終日
曇りでしたが、火床からは素晴らしい景色を堪能しました。そこでは会長にハプニングが,,,
詳しくは会長から,,,,(笑) 画像は、「修正せい」と言われてしましたが、こんなもん です。
ちなみに、おっさん達+oさんで茂庵、ちゃんと行きました。


トンビに油揚げ、唐揚げ。 - ミツダ 2018/01/30(Tue) 09:58 No.4320
そうなんです。大文字の火床上で京都市内を展望しながら昼食休憩。
カップラーメンを食べた後、コンビニのミニ弁当を取り出し、袋から取り出し食べる準備をしていました。

突然、背中の方から突風が吹き、何か通り過ぎたように感じましたが、前を見るとトンビが火床の斜面に沿って下の方に飛んでいきました。
弁当を見ると、鳥の唐揚げがなくなっていました。
本当に目にも止らぬ早業で飛行しながら、足の爪でつまんで行ったようです。しばらく目の前を旋回したのち左側の立ち木に留まりました。左の写真。敵ながらあっぱれな猛禽の雄姿です。

ネットで調べると、公園等では子供のパンを奪うようなことが頻繁にあることで、時には爪で引っかかれ切り傷が生じることもあるようです。唐揚げ取られ悔しいですが、無傷だったことを幸いと思うことにします。
昨年の夏は、黒姫山で沢山のアブに襲われましたが、今年は早々とトンビに狙われてしまいました




目撃者 - 2018/01/30(Tue) 11:02 No.4321
会長のハプニング直後の写真です。
上の方に写っているのが犯人(犯鳥?)である旋回中のトンビです。

女性が1人だけだったので、人生最初で最後のアイドル体験!
かと思いきや、いつもと変わらない例会でした。(^▽^)



Re: 大文字でアイゼン装着・・・・・「登山口〜大文字山」 - toki 2018/01/31(Wed) 22:07 No.4322
   
 蹴上で集合後少し坂を登って、明治半ば〜戦後すぐの間稼働したインクライン跡を見ながらibaさんの挨拶と簡単な準備運動をしました。

 その時の皆さんの話題の中心は、今日はアイゼンは必要かといったことでした。

 400m余りだから雪はあるだろうけど多分要らないのではないかというのが大方の予想でした。

 担当のibaさんは、前年度担当降雨率No1になっていたため、天候状態を気にされ、前回同じ大文字山を担当した時は雨が降ったか、今回は曇でも良いから降らないで欲しいと言っておられました。

 写真は登山口〜大文字山のほぼ中間地点です。

 ふつうのハイキング風景ですね。



Re: 大文字でアイゼン装着・・・・・「雪景色」 - toki 2018/01/31(Wed) 22:08 No.4323

 ところがしばらく進むと雪が見えてきて、大文字山の手前ではご覧の状態となりました。

 ただ登りですのでここではアイゼンは装着しませんでした。

 その後、No.4319の大文字山を経て下り始めると、雪が凍っていて滑りやすかったため、アイゼンを持ってきていた人はほぼ全員がアイゼンを装着しました。

 450m程度の地点と思いますので、予想外でした。



Re: 大文字でアイゼン装着・・・・・「火床出発」 - toki 2018/01/31(Wed) 22:09 No.4324

 その後標高が下ってくるにつれ雪がなくなり、火床に到着したころには雪はすっかりなくなっていました。

 火床でアイゼンを外し、ibaさんの考えてておられた予定どおり昼食タイムとしました。

 ここで、No.4320とNo.4321に記載されている、トンビに唐揚げをさらわれる事件が発生。
 私の前で会長が食事をされていて、黒い影が動いたなと思い顔を上げると会長のすぐ左横をすり抜けるようにトンビが通過し前方に飛んでいくのが見えました。
 会長が唐揚げを取られた瞬間は見ていないのかもしれませんが、一瞬のことだったように思います。

 No.4320の写真のように、その後暫くトンビは枝に止まって次のエサを狙っているようでしたが、やがて諦めて去っていきました。
 その間、カラスが同じ木のすぐ下に止まったため、トンビが追い払うという光景も見てしまいました。
 多分縄張り争いで、この木は火床で食事かおやつを狙える格好の位置なのでしょう。
 No.4321の写真はカラスを追っ払った後撮影された可能性がありますね。
 会長の書いておられるとおり、「敵ながらあっぱれ」と思いました。

 oさんはアイドル体験とまでは行かなかったかも知れませんが、皆さんから話題を集めておられ楽しかったのではないでしょうか。

 大文字山例会は、460m余りの山ですが、アイゼンを装着するほどの凍てついた雪があり、トンビに唐揚をさらわれる事件ありのパブニングの続いた山行でした。



権現山〜打見山 投稿者:SIBA 投稿日:2018/01/27(Sat) 21:45 No.4317   
tokiさん、八尾市民さんありがとうございます。
雪のない雪山山行もなかなか良かったです。権現山手前からこれはトレーニングだと自らに言い聞かせながら蓬莱山を目指しました。凍っても小女郎池は格別の雰囲気がありやはり、一人で行くのはごめんやなぁと・・・・
スノーボーダーを横目に雪庇を眺めながら打見山まで歩き、料金高いなあと思いながら
ゴンドラで麓まで下山、のち京都で食べました。飲みました、有難うございます。


Re: 権現山〜打見山・・・・・「ホッケ山から見た蓬莱山(拡大)」 - toki 2018/01/27(Sat) 22:38 No.4318

 SIBAさんが担当例会以外で投稿されるのは珍しいですね。

 確かに権現山までは足元にも周囲にも雪がなく、ひたすら登ってしんどかったものの普通のハイキングでした。

 ただ、雪が想像していたよりも少ない例会でしたが、権現山から先は少ないながらも雪が見れたので良かったのでしょう。

 下山後、道路が濡れていて雨が降ったことを伺わせましたが、山上では雨に降られずラッキーでした。

 No4315の写真の背景の山が蓬莱山がどうか分かりにくいと思いましたから、山頂付近を拡大してみました。  



お褒めの言葉ありがとうございます。 投稿者:担当者 投稿日:2018/01/26(Fri) 08:22 No.4314   
「早い、早い」と、お褒めの言葉ありがとうございます。
今回の参加者の面子を考慮にいれ、また雪もなかったことから
途中からトレーニング山行となりました。
初級ハイキングではないので登山としてのコースタイムとしては普通かと・・・
雪なかったし・・・
実際、離れずつかず歩けました やん!
歩き足らんから駅まで歩きました やん!
京都駅に早ヨ着けて、腹一杯食いましたやん!
ギョーさん 酒飲めました やん!めでたし、めでたし!!


Re: 権現山〜蓬莱山例会・・・・・「ホッケ山」 - toki 2018/01/27(Sat) 20:44 No.4315
 
 登山口〜霊仙間の急な登りと霊仙〜権現山の最後の登り区間はしんどかったです。それと、少し疲れてきた頃の蓬莱山への登りもやはりしんどかったように思います。
 
  確かに、雪がないので普通のハイキングですが、何故か登りごたえがありました。

  京都の懇親会も楽しかったですね。

  今回の投稿にあたり、ホッケ山頂の写真を見ていますと、右端に写っている八尾市民さんのザックに雪を掬うためのショベルが付いていることに気付きました。そういえば当日確かに持ってきておられましたね。

  このことからしても、八尾市民さんの思い入れは相当なものだったことが伺えます。

  なお、背景の山は蓬莱山です。



Re: 権現山〜蓬莱山例会・・・・・「琵琶湖」 - toki 2018/01/27(Sat) 20:48 No.4316

 当日、見えた琵琶湖の様子です。
  
 琵琶湖の湖岸が見えましたが少し霞んでいて、山上の方が天気が良かったようです。



明日は大雪。 投稿者:担当者 投稿日:2018/01/22(Mon) 19:33 No.4303   
タクシーは登山口までは入れず。電波塔につく頃、雪は膝下。
もがきながらも霊仙山までなんとかやって来た。
権現山の急登は厚い雪にはばまれ・・・前進できず敢えなく敗退!
こんな流れで出来上がっていた例会報告も大幅に書き直さなあかん。

雪がない。権現山の雪山登山はただの登山となった。ガッカリ➘
明日から大雪、ごっつい寒なるらしい。よろしいな〜

Re: 権現山〜蓬莱山例会・・・・・「権現山」 - toki 2018/01/24(Wed) 23:09 No.4309

 和邇駅から見えた蓬莱山は近いこともあり高く感じました。権現山と思われるあたりから上は白いものの、それまでは白色は殆ど見当たりませんでした。

 麓から見えたとおりで、タクシーに乗って着いた栗原登山口でも雪は見当たらず。

 「権現山まで行けば雪はありますよ。」との同行メンバーの声にも、八尾市民さんは「権現山までがキツイ登りで雪があったら楽しいところなのに。」と残念がられていました。

 権現山までは普通のハイキングになったわけですが、スピードが速い。
 いつもの青雲会速度に馴染んでいたのでしんどく感じました。

 権現山で記念撮影。
 背景(左奥)は比叡山です。



Re: 権現山〜蓬莱山例会・・・・・「ホッケ山に向かって」 - toki 2018/01/24(Wed) 23:10 No.4310

 権現山で八尾市民さんは、No.4303に記載されているとおり、豊富な雪と格闘していることを前提に例会報告書を書いたが書き直さなければならないとと言われ、同行のメンバーは驚きとともに、現状を見て苦笑い。

 権現山を出発後は、少ないものの登山道を含め周囲に雪がありました。

 写真は権現山〜ホッケ山です。



Re: 権現山〜蓬莱山例会・・・・・「小女郎峠を挟んで蓬莱山」 - toki 2018/01/24(Wed) 23:12 No.4311

 ホッケ山を越え、蓬莱山が見えるところにやってきました。

 全面真っ白というわけにはいきませんでしたが、それでも雄大でなかなか良い眺めでした。
   
 ここから、隠れている小女郎峠に向かって下っていきます。
  
 すれ違った人に、「小女郎池が凍っていて雪が積もっていないため一面氷が見えてきれいですよ。」と薦められたのはこのあたりだったと思います。



Re: 権現山〜蓬莱山例会・・・・・「小女郎池」 - toki 2018/01/24(Wed) 23:12 No.4312

 薦められた小女郎池に到着すると池は一面氷。

 久しぶりに見た全面氷の小女郎池でした。  

 厚みの程度がわからないため本当に氷の上に乗るには不安があり、池には踏み込めませんでしたが、Shimaさんはかなり淵に接近されいました。



Re: 権現山〜蓬莱山例会・・・・・「蓬莱山頂?」 - toki 2018/01/24(Wed) 23:14 No.4313
 
ところが近づいてみると、本当の山頂はスキー&スノーボードのゲレンデになっており、登山者には記念撮影ができるように、ゲレンデの外側に、サービスで山頂の標識が作ってありました。
 おまけに、周囲にまったく雪がない!
 少し興ざめでした。
  
 現地では、写真左に向かって登りの傾斜か続き、本当の頂上はゲレンデとの境界に立つボールとロープより更に左にあります。写真は決して斜めに撮影したものではありまん。

 蓬莱山からロープウェイ山上駅までは、ロープの外側を歩くと、下がえぐれている場所に近いところを歩く危険箇所があったため、ロープの内側(ゲレンデの敷地)を遠慮しながら歩いていると、親切なスノーボーダーから「皆さんゲレンデ内を歩いておられますよ。」と教えていただいたたため、安心してゲレンデの端を歩くことができました。

 今回の例会は雪は殆どなかったですが、速度が速かったため、よく歩いたという感じがしました。

 それと、権現山〜打見山間は、少しは雪があり、今年初めての雪景色を眺めることかできました。  



[1] [2] [3]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -