大阪青雲会の掲示板
スパム投稿防止の為、投稿時に投稿キーを入力して下さい。
投稿キーの有効時間は30分です。30分以内に投稿しないとエラーになります。
エラーになるとコメントに入力した内容が消えてしまいます。ご注意下さい。
投稿できる画像のサイズが大きくなりました。(300kbまで) 留意事項も読んでね。
[アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
タイトル
コメント
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

笠置山に行ってきました 投稿者:山本@スマホは楽し(=^^=)v 投稿日:2018/10/28(Sun) 20:14 No.4828   
スマホを使い始めたので、ヤマレコとyamapでログを取りました。
今日の山行のログです。

yamap
https://yamap.co.jp/activity/2602930

ヤマレコ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1630641.html


気が向けば、後ほど感想とかコメント入れます。

Re: 笠置山に行ってきました - お天気だったので参加予定者 2018/10/28(Sun) 22:38 No.4829

コースタイム 3時間20分に釣られていったのに
ヤマップのスタッツは5時間15分
そんなに休んだかな?
例会案内(耐震ダンバーみたいに)詐称では?
温泉上がりのビールもギリギリだったし

まあ、柿のお土産 おまけしてもらったので 今回はスルーします。


柿、甘くてンマかった - 山本@スマホは楽し(=^^=)v 2018/10/29(Mon) 23:55 No.4830
笠置の商店街で買った柿、甘くて美味しかったです(=^^=)


Re: 笠置山に行ってきました - ビール大魔王 2018/10/30(Tue) 09:50 No.4831
大勢の皆様にご参加いただき誠にありがとうございました。
集合写真はSIMOさんにお願いしましたので改めて掲示されます。
楽しみにしておいてください。


11/3の参加募集、締め切りました - 11/3の担当者 2018/11/01(Thu) 00:06 No.4832
11/3の締切日(10/31)が過ぎましたので、定員に達していませんが、募集を締め切りました。次からは、もう少し定員を減らします。

Re: 笠置山に行ってきました・・・・・「甌穴群河原での昼食」 - toki 2018/11/02(Fri) 07:19 No.4833

 11月3日の担当者さん、定員に達さずお疲れ様でした。
 確かに定員の決め方は難しいですね。
 私も定員に達しなかった例会はありますが(今年の例でしたら、聖岳&光岳山行。定員8名→担当を含め参加3名。)、定員に達しなくても充分楽しめますので、明神岳例会も楽しい例会になることを願っています。

 山本@さん、スマホデビューおめでとうございます。
 さすがに早速使いこなしておられますね。 
 YAMAPアクセス人員52人。この内、大阪青雲会の会員は何名でしょうか。
 
 笠置山例会は、ローカル線の広河原駅を降り、平らな道を木津川に沿って歩きました。

 写真は、甌穴群河原での昼食風景です。

 デジタル大辞泉によると、
 「河床の岩盤にできる円筒形の穴。岩のくぼみや割れ目に小石が入り込み、回転して深く削られたもの。
  ポットホール。かめあな。」
 というこです。
 
 現地では、川底の所々に、削られた跡と思える穴が開いていました。



Re: 笠置山に行ってきました・・・・・「甌穴群河原〜巨石群間の道」 - toki 2018/11/02(Fri) 07:22 No.4834

 甌穴群河原を出発して暫く進むとJR線沿いに歩きます。



Re: 笠置山に行ってきました・・・・・「列車が来ない。」 - toki 2018/11/02(Fri) 07:23 No.4835

 続いて列車が来れば絶好の撮影スポット。
 しかし、列車が来ない。皆さんは次々と歩いて行かれる。シャッターチャンスを逃しました。
 1時間に1本、往復を考えても30分に1本なので、仕方ありませんね。



Re: 笠置山に行ってきました・・・・・「笠置寺への最後の登り」 - toki 2018/11/02(Fri) 07:24 No.4836

 今例会の最後に笠置寺への登りが待っていました。

 なんとなく平地を歩くことに馴染んでいただけに、300m弱登るだけですがしんどく感じました。
 
 写真は、ほぼ終盤、この階段を登り切ったら笠置寺境内というところです。 



Re: 笠置山に行ってきました・・・・・「笠置寺の境内(修行場めぐり)」 - toki 2018/11/02(Fri) 07:26 No.4837

 笠置寺の境内(修行場めぐり)は巨岩があったり木津川が俯瞰できたりとのんびりと楽しめました。

 下山後、No.4830に記載されていますように、笠置駅付近の店で購入した柿はおまけも多くお得でした。
 店の人も、「今日はよく売れる。」と喜んでいました。

 笠置山頂上に登らない笠置山例会ですが、最後に笠置寺への登りはあったものの、全般にアップダウンの殆どないウォーキングで、のどかな秋の風景を楽しめました。



11/3無事終了しました - 11/3の担当者 2018/11/03(Sat) 21:22 No.4838
朝から色々とありましたが、無事終了しました。
明神平の紅葉は終わっていました。
やはた温泉は貸切状態でした。



11/3無事終了しました(続) - 11/3の担当者 2018/11/03(Sat) 21:30 No.4839
ただ、中腹の紅葉は見頃でした。


2018生駒チャレンジ登山応援・・・・・「前夜祭」 投稿者:toki 投稿日:2018/10/27(Sat) 23:38 No.4820   
  
 生駒チャレンジ登山は今年コースの一部が変わったため、私達の担当する第一チェックポイントは、昨年までの室池ではなく、北谷公園に変更になりました。

 昼間、山本@さんの指揮で、テントの設営位置や「初級ゴール」の標識の設置位置を確認して翌日スムーズに設営できるための準備をしたり、参加者が道に迷わないように道路に標識を取り付けて準備をしたあと、楽しみな鍋料理です。
 食事の準備をしていただいた方に、ありがとうございます。
 
 鍋のお湯が暖まった頃、早速会長のご発声で乾杯です。


Re: 2018生駒チャレンジ登山応援・・・・・「アヒージョ」 - toki 2018/10/27(Sat) 23:39 No.4821

 お鍋の終盤、Shimaさんがアヒージョを作って皆さんに提供されました。

 鍋料理とは別のおいしさを味わうことができました。

 ありがとうございました。



Re: 2018生駒チャレンジ登山応援・・・・・「2次会」 - toki 2018/10/27(Sat) 23:40 No.4822

 アウトドアの1次会の終了後、ロッジで2次会です。

 テーブルは狭かったのですが、その分皆さんの声が良く聞こえ、会話が盛り上がりました。



Re: 2018生駒チャレンジ登山応援・・・・・・・・・・「つかみ取りの箱にハロウィンの... - toki 2018/10/27(Sat) 23:41 No.4823

 生駒チャレンジ登山に参加の子供さんはお菓子のつかみ取りができることとなっていて、そのための箱をMachiさんが前日に作成され、集合場所に持って来られました。
 その場で絵の得意なOさんを指名され、子供の喜ぶ絵をかくことを依頼されました。

 Oさんは、多分1時間もかからずにきれいなハロウィンの絵を描き切られました。

 見事です。



Re: 2018生駒チャレンジ登山応援・・・・・「北谷公園チェックポイント(正面左側)」 - toki 2018/10/27(Sat) 23:42 No.4824

 翌日、生駒チャレンジ登山当日、再び山本@さんの指揮で、テントの設営をしたりテーブルやいすをセットしました。

 また、Matsubさんご夫妻が主導して、スポーツドリンクを準備しました。

 写真は正面左側から見た様子で、目立ちませんが、Matsubさんのお腹の前付近に、MachiさんとOさん作のお菓子のつかみ取りの箱があります。 



Re: 2018生駒チャレンジ登山応援・・・・・「北谷公園チェックポイント(正面右側)」 - toki 2018/10/27(Sat) 23:43 No.4825

 続いて、正面右側から見た様子です。
 
 この日は驚くほどの好天で、参加された人も喜んでおられたことと思います。



Re: 2018生駒チャレンジ登山応援・・・・・「北谷公園チェックポイント(入口)」 - toki 2018/10/27(Sat) 23:44 No.4826

 北谷公園チェックポイントの入口を見落としてはいけないと、2人が誘導に就きました。
 写真左端に「初級ポイント」の標識があります。

 また、北谷公園チェックポイントから北方の離れた場所にある、横断歩道を2ヵ所連続で渡る危険個所では、会長とMachiさん、後でY-Skiさんも警戒にあたっておられました。



Re: 2018生駒チャレンジ登山応援・・・・・「北谷公園チェックポイント(正面)」 - toki 2018/10/27(Sat) 23:45 No.4827

 私も北谷公園チェックポイントにいましたが、途中、道路に取り付けた標識を見落とす参加者がおられると連絡が入り、山本@さんと車で標識の増設に向かいました。

 その間に、Uさんが北谷公園のチェックを済まされ出発されました。

 標識を増設した帰路、北谷公園に戻る途中、山本@さんがUさんを見つけれられましたが一瞬でスレ違い。

 北谷公園に帰ってみると、Uさんから差し入れの羊かんをいただいていました。

 ありがとうございます。重いのに大変だったと思います。
 もしこれからこのような機会があっても、決して気を使われないようにお願いいたします。

 Uさんが無事完走されたことを、大阪府岳連のホームページて知りました。
 おめでとうございます。お疲れ様でした。

 その後、次第に北谷公園チェックポイントで受付をする人は減っていき、最終の参加者の到着と共に撤収となりました。

 皆さん、お疲れ様でした。



笠置山例会の参加予定の皆様へ 投稿者:富平 投稿日:2018/10/12(Fri) 10:50 No.4806   
JR大河原駅は電子カードが使えないことがわかりましたのでJR乗車駅で切符を購入して
ください。

Re: 笠置山例会の参加予定の皆様へ - お天気なら参加予定者 2018/10/26(Fri) 16:41 No.4818

笠置いこいの館は、JAFの会員証かWebのクーポンで5人まで100円割引になる事がわかりましたので、フロントで入浴券をまとめて購入してください。

それより、JRの切符 気をつけましょう!

上げておきます



Re: 笠置山例会の参加予定の皆様へ - 山本@通りすがり 2018/10/26(Fri) 17:13 No.4819
笠置寺の拝観料もJAFの優待で30円引きになりますよ。
どちらも会員含む5名まで


藤原岳〜御池岳 投稿者:担当者 投稿日:2018/10/21(Sun) 21:33 No.4809   
西藤原駅に到着後、五分程で登山口でした。
台風の影響で心配していた倒木もなく、登山道の案内板もきちんと設置されてあり、
藤原岳避難小屋までは比較的整備された登山道でした。

そこから約20分で頂上です、お天気は曇りがちでまずまずの眺望でした。
後は夜ご飯を楽しみに頂上を後にしました。


Re: 藤原岳〜御池岳 - 担当者 2018/10/21(Sun) 21:34 No.4810
御池岳へはサブザックで楽勝やとおもいきや、アップダウンもそれなりにあり頂上に
着いた頃には予定の時間を少し過ぎていたので鈴北岳へは行けなかっのが少し残念でした。



Re: 藤原岳〜御池岳 - おっ! 2018/10/21(Sun) 21:43 No.4811
藤原岳山頂からの景色が素敵でした。
15時過ぎくらいの光っていいですねぇ。



Re: 藤原岳〜御池岳 - おっ! 2018/10/21(Sun) 21:47 No.4812
IBAさんの頭の上の方に写っているのが、今回お世話になった藤原岳山荘です。
皆で肩を寄せ合って眠りました(*^O^*)



Re: 藤原岳〜御池岳 - おっ! 2018/10/21(Sun) 21:48 No.4813
あ・・・みなさん、顔を横にしてみてくださいね(><)
すみません。。


ぜひ!復活を!! - たにぐち 2018/10/21(Sun) 22:31 No.4814
いつもどこでも笑顔のIBAさんが、少し寂しそうに
「いつのまにやら、笑顔大賞なくなったんかぁ〜?」と。(笑)
私なら、間違いなくIBAさんに1票入れるかな。

☆10月お誕生日のお2人に、ミチルさんが用意したサプライズ☆



リスが住む森 - たにぐち 2018/10/21(Sun) 22:38 No.4815
御池8合目付近に、小さくてかわいい動物がたくさんいました。
ものすごくすばしっこくて、写真は撮れず・・・
一番?!楽しい時間でした。



伊吹山? - たにぐち 2018/10/21(Sun) 22:47 No.4816
2日目は、夜明け前に出発したのでどんな所を歩いているか全く想像もつかなかった
のですが、帰りに同じ場所を通ると素敵な景色が広がっていました。



山頂では、なしを食べよう - たにぐち 2018/10/21(Sun) 23:05 No.4817
鶴姫さんが、今回も美味しいなしを剥いてくれました。
青雲会歴?山歴?長い先輩と行動を共にすると、ものすごく楽しいことに
最近気がづきました☆



蛇谷ヶ峰を楽しみました。 投稿者:nuki 投稿日:2018/10/17(Wed) 23:11 No.4807   
天候にも、メンバーにも恵まれて、楽しい例会となりました。桑野橋から登り、くつき温泉へ下るコースは変化に富み、頂上からの眺望は最高でした。参加頂いた皆さま誠に有難うございました。

Re: 蛇谷ヶ峰を楽しみました。 - nuki 2018/10/17(Wed) 23:12 No.4808
山頂からのパノラマに見とれました。


日光白根山 投稿者:えっ!? 投稿日:2018/10/08(Mon) 13:20 No.4798   
雨かと心配していましたが、すっきり秋晴れとなりました。日光白根山の頂上からは美しい紅葉と池がくっきり見えました。

Re: 日光白根山 - 一番小さい担当者 2018/10/09(Tue) 21:44 No.4803
日光白根山の頂上は思ったよりも狭く、この日は強風でした。


リトル比良⇒蛇谷ヶ峰へ変更しました。 投稿者:nuki 投稿日:2018/10/09(Tue) 21:05 No.4802   
10月14日担当です。
リトル比良は好きなコースであったのですが、台風の影響で岩阿沙利山付近から先で倒木が折り重なり、下見で敗退しました。山道の復活を祈るばかりです。そこで、急遽の変更となりますが、比良北部は行ってみたく、蛇谷ヶ峰としました。地元の高島トレイルクラブの方にお伺いしたところ、倒木は少しあるものの歩けないことはないとのこと。頂上からのパノラマを期待して初秋の北比良を楽しみたいと思います。皆様のご参加をお待ちしています。
蛇谷ヶ峰では温泉もあります。

丹波 三嶽 晴天でした 投稿者:担当者 投稿日:2018/10/08(Mon) 20:29 No.4800   
晴天の中 丹波 三嶽 登ってきました。
ささやま祭の最終日で、城跡で、ビールとコロッケ・猪肉入りソーセージ・アイスクリームと楽しい、美味しいじかんでした。お疲れ様でした。

Re: 丹波 三嶽 晴天でした - 写真投稿担当 2018/10/08(Mon) 20:57 No.4801
お疲れ様でした♪


今日の集会は西区民センターですよ〜 投稿者:山本@この前間違えた>< 投稿日:2018/10/05(Fri) 15:40 No.4797   
日時:10月5日(金曜日) 午後7時〜9時
会場:大阪市立西区民センター
  (最寄り駅:地下鉄千日前線・鶴見緑地線 西長堀駅)

お間違いなく!!

涸沢は紅葉真っ盛り 投稿者:復活 今日も明日も日曜 投稿日:2018/10/01(Mon) 14:35 No.4789   

tokiさん 慰めお言葉ありがとうございます。
ふとした言葉の端々に人間性が滲みでますね。
台風必至の中、風雨、ガスは当然ですよね。

実際は紅葉見てきました。
画像は涸沢ヒュッテ手前のナナカマドのトンネルです。


Re: 涸沢は紅葉真っ盛り・・・・・「ナナカマドのトンネル、見事な紅葉です。」 - toki 2018/10/01(Mon) 23:23 No.4790

 やはり涸沢は紅葉真っ盛りでしたか。
 さすがに見事です。
  
 それと、No.4788で掲出されていますように、台風一過の今日は素晴らしい天気ですね。
 待ったかいがありました。

 No.4766は慰めという気持ちはなかったのですが・・・・・。

 本日は既にきのこ鍋を食べてお休みになっていることと思います。
 
 明日は引き続き、さわやかな乗鞍高原を楽しんでください。  


Re: 乗鞍は紅葉真っ盛り - 復活 今日も明日も日曜 2018/10/02(Tue) 12:25 No.4791

昨日 登山バスは、台風の影響で運休
本日 八時のバスで、2,702m 畳平に向かいました。
山頂の気温は、零下
シーズン初の霧氷でした。



Re: 涸沢は紅葉真っ盛り - 復活 今日も明日も日曜 2018/10/02(Tue) 12:33 No.4792

畳平から位ケ原まで徒歩で下山。
紅葉 黄葉 真っ盛りでした。
二ヶ所の紅葉を楽しみましたが、画像では十分にお伝え出来ないのが残念です。

なお、きのこ鍋(地物松茸含む)は、例会としては、あまりに不謹慎な為、画像は割愛します。



Float2 - Floatmaker 2018/10/04(Thu) 07:11 No.4795

 上げておきます。(No2)

 畳平から位ケ原の紅葉は絶好のシーズンで見事だったと思います。

 お天気も良かったでしょうし。 


Re: 涸沢は紅葉真っ盛り - 復活 今日も明日も日曜 2018/10/04(Thu) 08:48 No.4796

位ケ原までの登山道は沢道で石がゴロゴロ
歩き難く、紅葉を楽しむには車道がベストです。
一般車規制で、1時間にバスが上下各一便
好き放題に楽しめました。

きのこ鍋は、松茸、舞茸、本シメジ、その他色々
全て地物採りたて、食べきれず残してしまいました。
温泉も白濁、値段も手頃、絶品きのこ鍋
今ならまだ間に合います。



上高地は雨だった 投稿者:復活 今日も明日も日曜 投稿日:2018/09/29(Sat) 17:02 No.4759   

中村さんの上高地デビューは、雨(台風を引き連れて)
こんな静かな河童橋 久し振りです。


Re: 上高地は雨だった - 復活 今日も明日も日曜 2018/09/29(Sat) 17:09 No.4760

徳沢園 到着
久し振りの歩き 快調でした。

とりあえず 食事前に生ビール 二杯ずつ

明日は眞鍋さんが台風24号を連れてきます。



Re: 上高地は雨だった - 復活 今日も明日も日曜 2018/09/30(Sun) 07:14 No.4761

ここまでは、 小雨
傘差して来ました。



Re: 上高地は雨だった - 復活 今日も明日も日曜 2018/09/30(Sun) 08:43 No.4762

本谷橋 到着
横尾からは雨も止み、屏風岩も綺麗に見えました。

実況は、ここまでです。



Re: 涸沢ヒュッテも雨だった - 復活 今日も明日も日曜 2018/09/30(Sun) 11:27 No.4763

涸沢ヒュッテ到着
カレーを食べて そうそうに下山します。



Re: 上高地は雨だった - ミツダ 2018/09/30(Sun) 12:19 No.4764
はい、ヒュッテデッキも独り占めですね。
勝つカレー食べて、慎重に下山ください。


Re: 上高地は雨だった - 復活 今日も明日も日曜 2018/09/30(Sun) 16:01 No.4765

取り急ぎ
三時半 徳沢園に帰着しました。

あれ 一人増えた。



Re: 上高地は雨だった・・・・・「実況中継お疲れ様です。」 - toki 2018/09/30(Sun) 19:05 No.4766

  実況中継お疲れ様です。

  本谷橋付近では少し紅葉も見られましたね。

  多分、涸沢ではもっと紅葉が見事だったのではないでしようか。

  今夜は良い食事で体を温めてください。
 
  台風一過後は、きっと良い天気が待っていることでしょう。

  この掲示板のシリーズは、この先も続いていずれは上に行くと思いますので、ひとまず、水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳山行の掲示を上にさせていただきます。

  よろしくお願いいたします。


Re: 上高地は雨だった - 復活 今日も明日も日曜 2018/10/01(Mon) 10:47 No.4787

小雨も上がり、時折陽が射すなか
とても静かな上高地遊歩道を楽しみバスターミナル着

しかし乗鞍畳平行きのバスは運休
温泉三昧に変更です。



Re: 上高地は雨だった - 復活 今日も明日も日曜 2018/10/01(Mon) 12:38 No.4788

台風一過 乗鞍高原に到着
今日は、散策ときのこ鍋と温泉三昧



Float1 - Floatmaker 2018/10/04(Thu) 07:10 No.4794

 上げておきます。(No1)


水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳山行・・・・・「高瀬ダム」 投稿者:toki 投稿日:2018/09/30(Sun) 19:07 No.4767   

 夜行高速バスを降りた松本駅からJRとタクシーを乗り継ぎ、登山口の高瀬ダム(1,270m)までやってきました。

 高瀬ダムは、岩石や土砂を積み上げて建設する型式のロックフィルダムとしては日本一の高さを誇るダムだそうです。ちなみに高さ日本一のダムは黒部ダム(黒四ダム)で、こちらはコンクリート製です。私は予備知識がなかったのですが、信濃大町から乗車したタクシーの運転手さんから案内を受けました。"ダム女(ジョ)"のUさんは感動しておられ、運転手さんから高瀬ダムの写真と解説が記載された"ダムカード"を人数分もらい、皆さんに配られました。なお、運転手さんの解説によると、ロックフィルダムは地震が発生した時に、地盤が揺れても岩石と土がうまく隙間を埋めて自動的に修復するため、地震に強いとのことでした。

 高瀬ダムに到着したときは霧雨が降っているかどうかという感じでしたが、天気予報では午後から雨が上がるということでしたので安心していました。
 
 今回の水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳の行程は、裏銀座コースとも呼ばれ、表銀座コース程メジャーではありませんが、既に行かれた方も多くいらっしゃるでしょうし、これから行くことを検討されている方もいらっしゃるでしょうから、私達の記録のうち参考になるところは参考にしていだければと思います。


Re: 水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳山行・・・・・「ブナ立尾根」 - toki 2018/09/30(Sun) 19:08 No.4768

 今回の山行は、日本三大急登および北アルプス三大急登と言われている、ブナ立尾根の登りから始まります。
 等高線の密度は特に登り始めが高いのですが、登山道がジグザグに設定してあるため、傾斜が緩く感じました。
 以前に登った黒戸尾根はもちろんのこと、昨年登った一段ずつの高さが高い早月尾根に比べてもブナ立尾根は登り易いと思います。  

 写真は、2208.5mポイント〜烏帽子小屋の間で、この頃になると快晴になっていました。
 また、"ブナ立尾根"の名前にふさわしく、ブナの木が至る所にあり、自然林を満喫しました。



Re: 水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳山行・・・・・「烏帽子岳を背景に」 - toki 2018/09/30(Sun) 19:09 No.4769

 烏帽子小屋(2,528m)に到着後、ザックを置いてサブザックで烏帽子岳に向かいました。
 
 特徴ある烏帽子岳を背景に写真撮影。

 朝方の曇天はどこかに去り快晴です。



Re: 水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳山行・・・・・「烏帽子岳への最後の登り」 - toki 2018/09/30(Sun) 19:10 No.4770

 烏帽子岳の頂上付近は岩山で慎重に登っていく必要がありました。



Re: 水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳山行・・・・・「烏帽子岳頂上直下」 - toki 2018/09/30(Sun) 19:11 No.4771

 烏帽子岳の本当の頂上(2,628m)には登ることができません。

 皆さん順々にbonnyさんの後ろの登り口から岩と岩の間まで登り、下りてきたところで集合写真。
 黄色い標柱に"烏帽子岳"と記載されていました。

 烏帽子岳から下山後宿泊した烏帽子小屋は、予約した当初は超満員と言われていましたが、約1週間前から続いた天気が悪いとの予報にキャンセルが出たらしく、1人1つの布団で寝ることができました。また、翌日の水晶小屋や翌々日の鏡平小屋でも同様でした。



Re: 水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳山行・・・・・「三ッ岳(下)〜野口五郎小屋」 - toki 2018/09/30(Sun) 19:12 No.4772

 翌朝(山行2日目)も快晴でした。
 ようやくヘッドランが不要になる程度に明るくなった5:17に、烏帽子小屋を出発。
 山行2日目の殆どと、3日目の後ろ2/3はサブリーダーのShimaさんに先頭を歩いていただきました。

 
 写真は三ッ岳付近を過ぎ野口五郎小屋に向かっているところです。
 Shimaさんの背景が槍ヶ岳、その左の三角形の山が常念岳、そのすぐ左が大天井岳です。
 



Re: 水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳山行・・・・・「野口五郎岳」 - toki 2018/09/30(Sun) 19:13 No.4773

 野口五郎小屋で小休止した後、昔活躍した歌手の芸名の基となった野口五郎岳(2,924.3m)に登りました。

 写真右後方は、薬師岳(2,926.0m)です。

 快晴で気持ちの良い稜線歩きだったため、ZakuraさんとUさんは、自然と色々な歌を一緒に口ずさみながら進んで行かれました。



Re: 水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳山行・・・・・「水晶岳」 - toki 2018/09/30(Sun) 19:20 No.4774

 野口五郎岳から真砂岳の頂上を迂回し水晶小屋に到着しました。

 水晶小屋(2,906m)は標高が高い位置にあり、到着の直前に急登が続きます。
 水晶小屋到着後ザックを置いてすぐに、昨日に続きサブザックで水晶岳に向かいました。
 
 そして今回の山行の目的の1つの山である水晶岳(2,986m)に到着しました。
 昨年、雲の平・スイス庭園からその威風を見て登りたいと思った憧れの山です。
 
 昨年雲の平山行にご一緒した皆さんは、スイス庭園を探したり、雲の平山荘を見つけたり、雲ノ平山行の思い出を語ったりされていました。
 また、皆さん思い思いに写真を撮影されたり、周囲の山々を特定されていました。
 雲の平に行ったことのないEさん(だったと思いますが)からは、高天ヶ原温泉の場所を聞かれ探しところ、雲の平の北側に延びる尾根(次の写真の右側の尾根)の先端部分にあるのですが、ちょうどその尾根筋の向こうにあり見えませんでした。

 それにしても、雲ノ平を俯瞰できるとはなんと贅沢な光景でしょう。
 昨年行ってきて記憶が新しいだけに感慨もひとしおでした。 



Re: 水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳山行・・・・・「雲ノ平俯瞰」 - toki 2018/09/30(Sun) 19:23 No.4775

 水晶岳からの下り、雲ノ平の全景を背景に写真撮影しました。

 水晶岳(付近)から見た雲ノ平は、雲ノ平にいたときに感じたり地形図から想像したとおり、雲ノ平自体が平原上の高台(雲ノ平山荘が約2,550m)で、周囲が一旦落ち込んで、その外周を、黒部五郎岳(写真向かいの山、2,839.6m)やその右に続く北の股岳(2,661.2m)、写真には写っていませんが更に右の薬師岳、黒部五郎岳の左には三俣蓮華岳(2,841.2m)に続く稜線が取り囲んでおり、水晶岳自体も最も近くにあって最も高い外周の山です。

 その後水晶小屋に戻ってきました。



Re: 水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳山行・・・・・「朝日を浴びてワリモ岳へ」 - toki 2018/09/30(Sun) 19:25 No.4776

 水晶小屋は収容人員が少ないのですが、当日は夕食の交代制はなく1回で全員が食べれるほどで、この時期としてはとても空いていたと思います。
 一方、水晶岳は日本100名山にも指定されており、100名山に関心が深いUさんは水晶小屋でTシャツを購入されていました。
 
 翌日(山行3日目)、行程は今回の山行中最長の7:35(エアリアの標準歩行タイム)であったため、まだ暗い4:40にヘッドランプを点けながら水晶小屋を出発しました。
 水晶小屋が高い位置にあるだけにどんどん高度を下げていきます。
 途中、ワリモ分岐に到着するまでにヘッドランプは不要の明るさとなっていました。

 山行3日目も早朝は晴れでした。 
 横から朝日を浴びながらワリモ岳(2,888m)へと登っていきます。



Re: 水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳山行・・・・・「鷲羽岳」 - toki 2018/09/30(Sun) 19:33 No.4777

 ワリモ岳のガレ場の歩きにくい道が歩きやすくなったと思うと、今回の山行の目的地の2番目、鷲羽岳への登りにさしかかっていました。
 鷲羽岳へはもっとしんどい登りがあるのかと思っていましたが、意外と簡単に登れました。
 ただ、鷲羽岳山頂(2,924.2m)は飛び切りの強風が吹き荒れており、大阪青雲会の旗を出せないほどでした。当然体感温度も低く、皆さんウェアを1枚余分に着こんでおられます。



Re: 水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳山行・・・・・「三俣山荘・鷲羽岳を背景に」 - toki 2018/09/30(Sun) 19:35 No.4778

 鷲羽岳を下山後、三俣山荘(約2,545m)に到着しました。

 三俣山荘は昨年黒部源流の碑付近から登ってきたところで、約1年ぶりで懐かしく感じました。
 ここからの行程は、昨年と同じです。

 三俣山荘を出発後しばらく進むと、三俣山荘(写真中央)を眼下に、鷲羽岳を背後正面、その左にワリモ岳、その奥に水晶岳、鷲羽岳の右奥に真砂岳が見える位置にやってきました。



Re: 水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳山行・・・・・「直登、三俣蓮華岳へ!」 - toki 2018/09/30(Sun) 19:37 No.4779

 更に登ると、三俣蓮華岳に登る道と、山頂を経由せず双六山荘に直接向かう巻き道の三叉路に到着しました。

 ここからは三俣蓮華岳への急峻な登りを進みます。
 槍ヶ岳を背景に写真を撮ろうとすると……ご覧のとおり「さあ、登るぞ!」のポーズをとられていました。



Re: 水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳山行・・・・・「三俣蓮華岳」 - toki 2018/09/30(Sun) 19:38 No.4780

 直登後、今回の山行の目的地の3番目、三俣蓮華岳(2,841.2m)に到着しました。

ここで新発見。

 昨年は気が付かなかったのですが、三俣蓮華岳からは雲ノ平を南方向から俯瞰できます。
 特に雲ノ平山荘がくっきりと見えました。



Re: 水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳山行・・・・・「双六岳」 - toki 2018/09/30(Sun) 19:39 No.4781

 三俣蓮華岳を出発後、なだらかな丸山を通過し、双六岳頂上(2,860.3m)に到着しました。
 
 ここは昨年ガスがかかり眺望が利かなかったところで、Shimaさんが、双六岳頂上からどのような眺望が得れるか見てみたいと、強く希望されていたところだけに、ガスがかかっていない状態で到着できて良かったです。



Re: 水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳山行・・・・・「槍ヶ岳に続くかのような道」 - toki 2018/09/30(Sun) 19:40 No.4782

 双六岳を山頂を辞ししばらく進むと、槍ヶ岳方面に向かって平原状の場所か広がっています。

 平原上の台地にある道は、まるで槍ヶ岳に続くかのような道に感じました。



Re: 水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳山行・・・・・「鷲羽岳を背景に」 - toki 2018/09/30(Sun) 19:41 No.4783

 更に少し進むと、鷲羽岳(2,924.2m)を正面に、左に水晶岳(2,966m)、右に真砂岳(2,862m)が見えてきます。
 
 昨年、双六岳から下りてここまで来るとガスが晴れていたため、同じところで撮影しました。



Re: 水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳山行・・・・・「雷鳥」 - toki 2018/09/30(Sun) 19:44 No.4784

 更にしばらく進むと、急な岩場の下りがあり、そこを通過してしばらく進むと、双六小屋(約2,550m)に到着しました。

 その後、約70mの登り返しの後標高を下げて宿泊地の鏡平山荘に到着しました。
 途中、雨がポツリときてすぐ止まりましたが、その先で雷鳥がいました。
 皆さんが写真を撮っていると一旦隠れてしまいましたが、後方を歩いていたBonnyさんが、辛抱強く待たれていると再び姿を現し、私も一緒に撮影することができました。



Re: 水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳山行・・・・・「くろゆりベンチ&お礼」 - toki 2018/09/30(Sun) 19:47 No.4785

 稜線上を進んでいくと左手に、槍ヶ岳・穂高連峰が見えてきましたので、途中のくろゆりベンチで休憩中、後から来た人に写真を撮っていただきました。

 鏡平山荘の食事は同系列の双六小屋と同様豪華で、その後翌日は下るだけだけということで、懇親会は前日までよりも酒量が増え盛り上がりました。

 翌日は朝方は雨の中、下山しましたが、新穂高温泉に到着するころには雨は止み、高山観光は傘なしでいけました。
 
 実質的に下山となった林道出合から先は、先日までとペアが異なりEさんとZakuraさんが、ホッとされた気持ちからか、色々な歌を一緒に口ずさみながら進んで行かれました。

 高山に向かう路線バスの車中では、皆さんがゆっくりと車窓を楽しんでいる間、会計担当のZakuraさんが費用を計算され早々に精算を済ましていただきました。 
 また、高山観光ではAdachinさんに先導を務めていただき、昼食や観光がスムーズにできました。
 
 今回の山行は、当初の天気が良くないとの予報に反し、眺望が必要な山行1日目の途中から3日目まで好天に恵まれ本当に良かったと思います。

 また、同行していただいた皆さんの、積極的な役割分担と、明るい話題提供をしていただいたことにより、パーティ全体の雰囲気が盛り上がりました。

 天候の後押しを受けたことに加え皆さんのご協力のお蔭で、今回の山行が良い山行として思い出に残ることと思います。 

 ありがとうございました。



あっこから歩いて来た - U 2018/09/30(Sun) 22:17 No.4786
烏帽子岳、野口五郎岳を望む鷲羽岳山頂

やるなぁ、私たち



Re: 水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳山行・・・・・「ご来光」 - toki 2018/10/04(Thu) 07:08 No.4793

 Uさん、いいアングルですね。 
 
 高瀬ダムから登り、烏帽子岳、野口五郎岳、水晶岳、鷲羽岳、三俣蓮華岳、双六岳に登り新穂高温泉まで歩いたのですから、改めて地図で確認しても今回長い距離を歩きました。

 お疲れ様でした。

 その間、雲一つない槍ヶ岳をよく見かけ、雲ノ平も俯瞰しました。

 山行2日目に見たご来光の写真を掲出します。

 この頃麓では曇りだったでしょうが、山上は快晴でした。      



[1] [2]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -