大阪青雲会の掲示板
スパム投稿防止の為、投稿時に投稿キーを入力して下さい。
投稿キーの有効時間は30分です。30分以内に投稿しないとエラーになります。
エラーになるとコメントに入力した内容が消えてしまいます。ご注意下さい。
投稿できる画像のサイズが大きくなりました。(300kbまで) 留意事項も読んでね。
[アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
タイトル
コメント
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

新しい掲示板に移行します 投稿者:山本@管理人 投稿日:2019/02/12(Tue) 15:09 No.4988   
こちらの掲示板には投稿できません。新しい掲示板をご利用下さい。

こちらは閲覧用として当分の間、置いておきます。

高御位山 投稿者:山本@giant_robo 投稿日:2019/02/11(Mon) 23:16 No.4987   
担当者様、参加された皆様、お疲れ様でした。
ヤマレコとyamapでログは下記のとおりです。

yamap
https://yamap.co.jp/activity/3110211

ヤマレコ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1728415.html

三峰山に行ってきました 投稿者:Y-saki 投稿日:2019/02/11(Mon) 15:01 No.4979   
雪は例年より少なかったですがお天気は荒れることもなく、きれいな霧氷を堪能しました。

Re: 三峰山に行ってきました - Y-saki 2019/02/11(Mon) 15:02 No.4980
尾根は風も強かったですが、きれいな霧氷にみなさん笑顔です。


Re: 三峰山に行ってきました - Y-saki 2019/02/11(Mon) 15:05 No.4981
Oちゃん特製の可愛いイチゴちゃんたち。
運搬が大変だったそうで、片目がとれていたり両目がなかったり・・・。
可愛いのでOKです!!

ほかの方からも差し入れをいただき、ありがとうございました。



Re: 三峰山に行ってきました - しま 2019/02/11(Mon) 20:28 No.4982
頂上には沢山の雪だるまがありました。


Re: 三峰山に行ってきました - しま 2019/02/11(Mon) 20:29 No.4983
時折、青空も見えました。


Re: 三峰山に行ってきました - Oちゃん 2019/02/11(Mon) 22:47 No.4984
雪だるま、かわゆかったです〜


Re: 三峰山に行ってきました - Oちゃん 2019/02/11(Mon) 22:49 No.4985
八丁平では雪が少なめで寂しかったですけど、不思議なムードが漂っていました。


Re: 三峰山に行ってきました - Oちゃん 2019/02/11(Mon) 22:50 No.4986
まるで水墨画のようです。


高御位山例会実施します。 投稿者:担当 投稿日:2019/02/10(Sun) 18:00 No.4978   
17時発表の予報では、6時〜12時の降水率が60%となっていますが、明日の高御位山
例会は、実施します。尚、コースの状況により、安全を考慮し、コース変更も行いますので、ご了解ください。(成井への下山等)

綿向山に行ってきました 投稿者:ビール大魔王 投稿日:2019/02/04(Mon) 11:25 No.4972   
お天気も上々で樹氷・霧氷は完全じゃなかったけど、頂上からは良い景色が堪能できました。

Re: 綿向山に行ってきました・・・・・「五合目小屋」 - toki 2019/02/07(Thu) 23:08 No.4973

 最寄りの北畑口バス停(250m)から車道を歩くこと30分余りでコミュニティバスの西明寺バス停(345m)に到着。ここでトイレ休憩。これまでの道路は立派な歩道がある区間もありましたが、雪が積もっていたため、殆ど車の通っていない車道を歩いてきました。
 西明寺バス停からも暫く車道(林道)を進みますが、次第に雪が道路を覆った状態になりました。御幸橋駐車場の横を経て、ヒズミ谷出合小屋(455m)で小休止後、すぐ危険なため重量制限が設定され一人ずつしか渡れない橋を渡り、登山口からいよいよ傾斜が急な表参道に入りました。
 
 先週の武奈ヶ岳と比べ雪の量は少ないのですが、それでも標高が上がるにつれ雪の量も増えてきました。直登すれば急傾斜ですが、登山道は見事につづら折れを繰り返し、緩やかな傾斜に変えてくれています。

 写真は五合目小屋(818m)で休憩しているところです。




Re: 綿向山に行ってきました・・・・・「行者小屋出発後すぐ」 - toki 2019/02/07(Thu) 23:10 No.4974

 その後、行者コバ(行者小屋・960m)で休憩後すぐの写真です。



Re: 綿向山に行ってきました・・・・・「幸せのブナ」 - toki 2019/02/07(Thu) 23:11 No.4975

 綿向山頂上直前は冬道を通るのですが、ものすごい急登で、6本爪アイゼンではしっかりと足場が築けず、後退するほどで苦戦しましたが、ようやく抜け出し傾斜の緩い道を歩いて頂上到着。 
 No.4972の写真でもお分かりいただけるように、素晴らしい天気でしたので、鈴鹿の山々が見渡せました。正面に雨乞岳が迫力ある姿を見せ、鎌ヶ岳も独特の山容を見せていました。
 綿向山頂上で昼食と集合写真撮影後、傾斜の緩い道を下り、ビール大魔王さんが事前に調べられていた、本来曲がる道を少し行き過ぎたところにある、幸せのブナに案内していただきました。ビール大魔王さんが曰く、言い伝えではこのブナの木のワッカをくぐると幸せになるとか。それを聞いた皆さん、順番にそのワッカをくぐることとしました。



Re: 綿向山に行ってきました・・・・・「ボトムスでソリ」 - toki 2019/02/07(Thu) 23:12 No.4976

 幸せのブナから少し引き返し、先程登ってきた急斜面を今度は下ります。

 ビール大魔王さんは歩いて下りるのが面倒になって(本当は怖くて)座った姿勢でそのまま下り始めました。
 ボトムスが傷むのも気にさせず、「この方が早くて楽」とご満悦でした。



Re: 綿向山に行ってきました・・・・・「雪見酒」 - toki 2019/02/07(Thu) 23:13 No.4977

 旧斜面が終わった後、雪のない道よりも早く下りてきました。
 
 登るときもそうでしたが、木の上に積もった雪が次第に溶けてきて、ときどきまとまって落ちてきます。
 その被害に最も会われたのがOちゃん。

 私が目撃しただけで3回は思い切り大きな雪を頭から被っておられました。

 ほぼ下りてきたところの御幸橋駐車場で、リカータイム。

 ビール大魔王さん提供の赤ワイン、SHIBAさん提供の燗酒を中心に、SHIMAさんが前日かから準備されたかぼちゃとチーズの肉巻き、Oちゃん手製のクルミ餅、その他にも様々な差入れをアテにして、雪見酒を楽しみました。

 雪があると風情がありますね。

 1週間前の武奈ヶ岳が日帰りとしては本格的な雪山へのチャレンジとすれば、今回の綿向山は雪山アミューズメント例会ともいう内容でした。

 それこそビール大魔王さんの狙いどおりでしょうね。



無題 投稿者:白@だけど赤鬼 投稿日:2019/02/03(Sun) 22:08 No.4970   
今日じゃないと笑えないんで、早速アップ

Re: 無題 - 山本@giant_robo 2019/02/03(Sun) 22:17 No.4971
担当者様、参加された皆様、お疲れ様でした。
ヤマレコとyamapでログは下記のとおりです。

yamap
https://yamap.co.jp/activity/3072807

ヤマレコ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1720957.html


ホームページについて 投稿者:山本@管理人 投稿日:2019/02/01(Fri) 14:21 No.4969   
ただいまホームページのサーバーを移行中です。正しく表示されていない場合もありますので、了解下さい。

白銀の武奈ヶ岳 投稿者:Nuki 投稿日:2019/01/28(Mon) 21:19 No.4962   
前日までの深雪に足を取られ苦戦しましたが、御殿山や西南稜では360度の白銀の世界に魅了されました。仲間に助けられ、全員頂上に立て、無事下山でき、達成感を楽しむとともに安堵しました。皆さん有難うございました。

Re: 白銀の武奈ヶ岳 - Nuki 2019/01/28(Mon) 21:20 No.4963
御殿山から見た武奈ヶ岳


Re: 白銀の武奈ヶ岳・・・・・「夏道・冬道分岐の少し手前」 - toki 2019/02/01(Fri) 00:25 No.4964

 タクシーを降りた防村(290m)から、武奈ヶ岳への登山道に入るとすぐに雪深い状態になりまたした。
 nukiさんを先頭に、最初から急傾斜でぐんぐんと標高を上げていきます。
 今年初めての積雪の山を実感しました。
 ただ、前日夜から朝方にかけて降雪の天気予報でしたが、少なくとも前半は登山道が踏み固められていて、ラッセル等は必要なく、その分進むのに抵抗が少なかったです。
 写真は、夏道・冬道分岐の少し手前です。



Re: 白銀の武奈ヶ岳・・・・・「夏道・冬道分岐付近」 - toki 2019/02/01(Fri) 00:25 No.4965
 
 続いて、夏道・冬道分岐付近で樹林帯がとぎれたところがありましたので、皆さんに振り向いてもらいました。



Re: 白銀の武奈ヶ岳・・・・・「樹氷以上」 - toki 2019/02/01(Fri) 00:26 No.4966

 夏道・冬道分岐を越え更に標高を上げていくと、樹氷が出現しました。
 
 御殿山の手前になると写真のように樹氷を通り越して幹や枝をしっかりと雪が覆っています。

 この付近になると足が雪のなかに入り、更に所々では膝まで沈むようになり、スピードが遅くなるとともに体力も消耗し始めました。

 でも雪景色はきれいで皆さんから時々感動の声が挙がっていました。



Re: 白銀の武奈ヶ岳・・・・・「西南陵」 - toki 2019/02/01(Fri) 00:27 No.4967

 御殿山(1,097m)で小休止。
 ここでは、豊富なお湯を沸かしカップ麺を食べているグループに出会いました。
 標高が上がり寒さを感じていただけに暖かい食べ物をうらやましく思いました。
 立ち休憩のままで、なんとなく話を伺うと、ここで登ることを止めて下山するとのこと。
 それで時間の余裕ができたのでしょう、お湯を沸かしくつろいでおられるように感じました。

 私達は先を急ぐことにし、約10分の休憩の後出発しました。

 武奈ヶ岳に防村から登ると、御殿山を超えた西南陵で、樹林帯から解放され展望が開けるところが素晴らしい。
 
 無雪期でもそうですが、雪山も魅力的です。
 寒さやしんどさに負けず、皆さん輝いていますね。



Re: 白銀の武奈ヶ岳・・・・・「帰路の西南陵」 - toki 2019/02/01(Fri) 00:28 No.4968
 その後、北向きの道が東北東に進路を変える頃、風が強く吹いて地吹雪的な光景も見えましたが、No.4962で全員武奈ヶ岳の頂上(1,214m)に立つことができました。
 良かったです。
  
 強風にあおられ気温も低かったので、頂上では長居をせず早々と引き上げることとなりました。
 
 いよいよ下山。少し名残り惜しかったので、先頭グループは先に行かれていたので、後半のグループだけ振り向いてもらってシャッターを押しました。
 皆さん、頂上に登った達成感と、後は基本下るだけということで、表情が和らいでいますね。また、西南陵はどこでも絵になる風景です。

 下山後、担当のnukiさんとタクシーをご一緒しましたが、リーダーとして全員無事登頂でき、無事下山できたことに感動しておられたように感じました。

 その後、有志で東福寺で打ち上げをしましたが、ビールや焼き鳥もおいしかったです。



雪と青空の高見山 投稿者:さか 投稿日:2019/01/27(Sun) 21:58 No.4956   
晴天の一日、6名で高見山に登りました。

登山口から1時間ほど登った小峠でも雪は全くありませんでしたので、
山頂で雪景色が見られるか、心配でした。



Re: 雪と青空の高見山 - さか 2019/01/27(Sun) 22:07 No.4957
しかし、登るにつれて雪が多くなってきて、
山頂付近では素晴らしい雪景色になりました。



Re: 雪と青空の高見山 - さか 2019/01/27(Sun) 22:10 No.4958
山頂の祠の前で、集合写真を撮りました。


Re: 雪と青空の高見山 - さか 2019/01/27(Sun) 22:13 No.4959
昼食後、山頂からの雄大な景色を楽しみました。


Re: 雪と青空の高見山 - さか 2019/01/27(Sun) 22:19 No.4960
山頂から少し下った尾根道です。
左右の雪景色を見ながら、気持ちよく歩きました。



Re: 雪と青空の高見山 - Oちゃん 2019/01/28(Mon) 06:55 No.4961
〆は榛原駅前のたこ焼き屋さん。
いろんな種類のたこ焼きを食べました。
美味しかったです!!



雨と風の岩湧山 投稿者:今日は担当者 投稿日:2019/01/20(Sun) 16:42 No.4950   
雨が降る中、10名の方にご参加いただきました。

ありがとうございました。

景色はずっと真っ白でした。

寒かったです。


Re: 雨と風の岩湧山 - 今日は担当者 2019/01/20(Sun) 20:05 No.4951
皆さん口数が少なめでした。

〉No.4950 ご参加いただいたのは、私を除いて9名でした。誰かが写っていないということはありませんので、安心してください。失礼しました。



Re: 雨と風の岩湧山 - 山本@giant_robo 2019/01/20(Sun) 22:01 No.4952
担当者様、参加された皆様、お疲れ様でした。
ヤマレコとyamapでログは下記のとおりです。

yamap
https://yamap.co.jp/activity/3012630

ヤマレコ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1710426.html


Re: 雨と風の岩湧山・・・・・「標題どおり」 - toki 2019/01/24(Thu) 06:20 No.4953

 当日の午前中は雨予報。でも午後は天気が回復するでしょう、との予報を頼りに午後の天気の回復に期待をかけて10名が岩湧山の山頂を目指して登り始めました。

 予報どおり午前中は雨。更に頂上に近づくに連れ風も強くなりガスも出てきました。

 写真は、雨が弱くなったところで撮影したものですが、それでも天気が悪かった
いことがわかります。



Re: 雨と風の岩湧山・・・・・「岩湧山山頂手前」 - toki 2019/01/24(Thu) 06:21 No.4954

 12:00少し前、岩湧山山頂手前で雨が止み一時的に視界が開け、遠くの山も部分的に明瞭に見えました。

 その後もガスはよくかかっていましたが、雨はほとんど降らず、天気予報どおりでした。

 特に昼食時に雨が降っていなかっのは良かったです。 


 > 皆さん口数が少なめでした。

 → これは雨と風のせい?
   イエイエ、当日の皆さんの会話では、「〇〇さんがいないから。」
   〇〇さんは誰でしょう。
   皆さんそれぞれに思い当たる人がいるはず。
   それとも、「自分のこと?」と思った人もいるかも。



Re: 雨と風の岩湧山・・・・・「本当の岩湧山山頂から」 - toki 2019/01/24(Thu) 06:21 No.4955

 その後、No.4950で岩湧山の標識がある場所で集合写真を撮影し、更に進んでいくと、先程より一段高いところに再び岩湧山の標識がありました。

 写真は、一段高い”岩湧山”から、集合写真を撮影した場所をを写したものです。



本日の二上山 投稿者:山本@giant_robo 投稿日:2019/01/13(Sun) 20:37 No.4943   
参加された皆様、お疲れ様でした。
ヤマレコとyamapでログは下記のとおりです。

yamap
https://yamap.co.jp/activity/2973701

ヤマレコ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1703110.html

Re: 本日の二上山 - 山本@giant_robo 2019/01/13(Sun) 20:37 No.4944
これまで参加した例会のログはこちら

yamap
https://yamap.co.jp/mypage/183919

ヤマレコ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-65073-data.html


二上山 雄岳 - 担当者 2019/01/14(Mon) 10:16 No.4945
穏やかなお天気に恵まれ、29名で二上山に行ってきました。
近鉄二上山駅には他グループの登山者も大勢おられ、とても賑わっていました。



二上山 雌岳 - 担当者 2019/01/14(Mon) 10:20 No.4946
昼食のあと、雌岳で2枚目の集合写真!
暖かい日差しのおかげで、ゆっくり食事ができました。



Re: 二上山・・・・・「二上山登山口〜二上神社口駅分岐」 - toki 2019/01/14(Mon) 23:21 No.4947

 giant_roboさん、ログの紹介ありがとうございます。
 自分の参加した例会ばかりですので、楽しく拝見させていただきました。
 写真も場所と共に入っていてよくわかりますね。 

 二上山例会について、集合場所の二上山駅では「"ぜんざい"やります。」のうたい文句に釣られたメンバーがなんと29名も集まり、あまりの多さにぜんざいが足りないのではないかとの不安の声があがりました。担当のIzmさんに確認すると、「足りると思います。でも薄くなるかも。」という不安な気持ちをあおるような返事でした。

 二上山は標高517m(雄岳)、473m(雌岳)と二上山駅の80mからの標高差があまり多くなく、緩やかで幅の広い整備された登山道が続いていたため登り易い山でした。



Re: 二上山・・・・・「野鳥のいる公園(大池)・ぜんざいの準備」 - toki 2019/01/14(Mon) 23:22 No.4948

 その後No.4945の雄岳を経由し、雌岳で昼食後No.4946の集合写真を撮影しました。
 
 二上山へよく来られているTKHSさんから二上山は数多くの道があり、その組み合わせでいろいろな景色を楽しめると説明を受けたり、大阪府岳連主催のチャレンジダイトレのスタート場所を教えていただいたりしました。また、IMNKさんも二上山をよくご存じなようで、TKHSさんが説明される道について付加的な情報を教えていただきました。

 今回は、ぜんざいがメインということで、一気にぜんざいの会場へ場所を移します。

 下山後、野鳥のいる見晴らしの良い公園でぜんざいをいただくことにしました。
 人数が多いため、ぜんざいをあたためたり、お餅を温める等、準備が大変で多くの人が手伝いました。
 また、道中ですが、ボッカ訓練を兼ねてAdachinさんがお餅約3KgをIzmさんから預かり運ばれました。お疲れ様です。



Re: 二上山・・・・・「いただきます!」 - toki 2019/01/14(Mon) 23:23 No.4949

 いよいよぜんざいが出来上がると、狭い場所に20人以上の人が集まり人口密度が一気に高まりました。

 テーフルやぜんざいの姿が見えない!

 まぁそれだけおいしいぜんざいだったということでしょう。

 Izmさん、準備と調理ありがとうございました。
 また、調理を手伝われた方もありがとうございました。

 それと、ウィローもおいしかったし、みかんやイチゴ、リンゴ、お茶菓子、塩こぶ、おつけもの等の差入れもありがとうございました。



明けましおめでとうございます。 投稿者:ミツダ 投稿日:2019/01/05(Sat) 11:39 No.4935   
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

明日(6日)の初級ハイキングク、歌垣山、天気予報も良くなりましたので予定通り歩きます。あまり高度差はありませんが、少し距離はあります。
ゆっくりしか歩けませんが、よろしくお願いします。
行のバスが青雲会で混みあうかもしれませんが、20分程ですのでご容赦ください。

歌垣山 - ミツダ 2019/01/06(Sun) 22:18 No.4936
最初に歌垣山に登り、記念撮影をしました。
そのあと、延々と南下し、妙見の大堂越えを通り妙見口駅まで歩きました。
曇り、雪、晴と目まぐるしく天気の変わる中、予定通り17名で歩いて来ました。

左は、歌垣山山頂で記念碑をバックにした集合写真。
曇り空で暗かったからでしょうか?、一寸ピントが甘いです。
申し訳ない。



歌垣山 三角点 - ミツダ 2019/01/06(Sun) 22:21 No.4937
少し南下した所に、最高高度点があり、モニュメントに囲まれた三角点があります。


Re: 明けましおめでとうございます。 - bonny 2019/01/11(Fri) 14:33 No.4938
弥十郎ヶ嶽コースです。

歩きやすいコースでした。



Re: 明けましおめでとうございます。 - bonny 2019/01/12(Sat) 00:35 No.4939
すみません。
投稿の場所を間違えました。
納山祭の記事です。


Re: 歌垣山・・・・・「歌垣山登山口〜歌垣山」 - toki 2019/01/12(Sat) 08:39 No.4940

 歌垣山山行は、No.4936 に書かれていますように、歌垣山登山口バス停近くの登山口からこの日最高点の歌垣山(553.4m)に一気に登ることから始まりました。

 道はよく整備されており、緩やかな傾斜が続く感じで登り易かったです。

 (bonnyさんの納山祭投稿を挟んで続けます。)



Re: 歌垣山・・・・・「歌垣山三角点」 - toki 2019/01/12(Sat) 08:40 No.4941

 私は登るまで知らなかったのですが、歌垣山は、男山、女山からなる双耳峰す。

 No.4936の男山山頂は、歌垣山公園として整備されており、一旦少し下って登り返したNo.4937の三角点がある方が標高の高い女山山頂です。

 皆さんが、三角点にタッチされたり近くで見ようと集まっておられましたので、すぐ近くの展望台として設営されている場所から撮影してみました。

 後方の山は妙見山と思います。 



Re: 歌垣山・・・・・「ランチタイム」 - toki 2019/01/12(Sat) 08:41 No.4942

 歌垣山から標高を下げ掘越峠を経て再び登り進んでいくと、少しだけですがみぞれ模様の粉雪が降ってきました。
 
 時刻は12:30を少し過ぎていましたが進んでいってもこれといって食事に適した場所がないようでしたので、この辺で昼食にしようかという意見がでてきましたが、もう少し進んでみようという意見が出て、進みだすとすぐ大きな庇のある休憩施設が現れました。休憩施設の建物内には入れませんでしたが、屋根があるだけで充分です。
 さっきの場所で昼食としていれば、昼食後すぐこの施設を見つけ思い切り後悔するところだったねといいながら、皆さん大喜びで食事の準備にとりかかりました。
 
 食事終了前に一時的にみぞれの勢いが増しただけに余計にラッキーでした。

 その後下山して登山道を離れましたが、妙見口駅まで歩いたため歩行距離は相当長く、同行の一人が万歩計を確認して当日の山行で20,000歩以上歩いたと驚いておられました。



ひがし荘前で 投稿者:大菩薩嶺担当者 投稿日:2019/01/03(Thu) 14:46 No.4934   
只木さん、ひがし荘のお母さん、2年連続でお世話になった甲州タクシーの八巻さん達とヒガシ荘前で。只木さんとは、登山前、入浴後2回お会いしました。皆さん本当にほっこりさせて頂きありがとうございました。

抜けるような青い空 投稿者:大菩薩嶺担当者 投稿日:2019/01/03(Thu) 14:22 No.4929   
大菩薩峠は快晴。風が強く猛烈に寒かったですが素晴らしい富士山が見えました。

Re: 抜けるような青い空 - 大菩薩嶺担当者 2019/01/03(Thu) 14:27 No.4930
福ちゃん荘から大菩薩峠に比べれば、マシですがここまでは石だらけの登りが続きます。や〜〜っと着いた。


Re: 抜けるような青い空 - 大菩薩嶺担当者 2019/01/03(Thu) 14:27 No.4931
福ちゃん荘から大菩薩峠に比べれば、マシですがここまでは石だらけの登りが続きます。や〜〜っと着いた。


年越しのカウントダウン - 大菩薩嶺担当者 2019/01/03(Thu) 14:33 No.4932
すいません、マウスを使えない為2回同じ文章でした。今回は、只木さんが足をケガされたため何度が前にもお世話になっている「セリザワ」さんご夫婦にもてなして頂きました。夕食はキーマカレー、朝食は秘伝のとろろご飯でした。



元旦の富士山 - 大菩薩嶺担当者 2019/01/03(Thu) 14:37 No.4933
3年連続くっきりと、富士山が見えました。3年で一番鮮やかなようにも見えましたが....
-12度?猛烈な寒さで手と、足の指先がちぎれそうでした。



納山祭 投稿者: 投稿日:2018/12/25(Tue) 23:21 No.4926   
いろいろあった2018。
納めてきました。
来年もがんばりましょう。
越年の方は気を付けて。寒波も来るみたいですねー。


Re: 納山祭 - しま 2018/12/27(Thu) 21:42 No.4927
懐かしの大野山
岩巡りコースから入りゆっくり写真を撮りながら歩きました。
車道歩きは長かったですが夜は楽しく過ごさせていただきました。
皆様今年一年ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。




Re: 納山祭 - S・G 2018/12/28(Fri) 15:33 No.4928
往路 直行 復路 直行 楽しい夕べ と 温泉 

堪能しました。お世話 さまでした。来年も 老骨に鞭打って 担当を頑張りたい

と 思います。しかし、 能勢の夜は さむかった。


[1] [2] [3]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -