「高道 宏 写真展」について
                                 砺波市美術館  
「郷土作家シリーズ10 道 宏 写真展」と題し、砺波市出身の写真家、道宏さんの作品を
あつめた展覧会を開催いたします。道宏さんは1936年、現在の砺波市林に生まれ、出町
中学で廣橋環に、砺波高校で川辺外治に絵画を学び、叔父である道夕咲人に写真の手ほどき
を受けます。1956年、『ザ・ファミリー・オブ・マン』写真展で、ウィン・バロックの写
真表現に触発され、写真家をこころざします。上京して写真家・西山清に師事し、アマチュア
写真家団体「プレザント・クラブ」に参加し、創作活動を開始しました。
 1969年に国画会に入選してより、ニコン賞(1971)、新人賞(1972)、会友優作
賞(1979)を受賞しました。1980年に会員となり、2004年に退会するまでの間に会
務委員、鑑査員長を務めました。
 1966年から70年にかけて撮影され、74年に個展として発表した「津軽」シリーズは、
厳しい冬の自然を真正面からとらえたもので、作者みずから「最初のまとまった仕事のスタート」
と位置づける作品群です。
 1977年に和紙による自家製銀塩印画紙による作品制作をこころみ、「自然」シリーズの撮影
を開始します。日本各地の美しい風景を取材したこのシリーズでは、実際の風景と作者の胸奥に潜
在するイメージとを重ねた豊穣な写真世界が展開され、国内やフランスで発表され(1991〜2
007)、高道さんの代表的な仕事として高く評価されています。
 1991年にはモロッコを訪れ、そこに根ざして生きる人々と風土とを見つめ、自然と融和して
生きる人間のたくましい姿を表現した「モロッコの風」シリーズを発表し(1994〜95)、国
内外を巡回しました。
 砺波市美術館では道宏の写真を90点所蔵しており、主要なコレクションの一角を形成してい
ますが、初期から最新の作品までを紹介する展示は初めてのこととなります。
 このたびの展覧は、これらの連作によって構成し、プラチナプリントによる新作5点を加えた
90点の写真によって、写真家・道宏さんの初期から現在にいたる創作活動の軌跡を振り返ります。

■関連催し(予定)
自作を語る(アーティスト・トーク)
講師:道宏(出品作家)
日時:2008年年9月6日(土)/午後2時より3時30分まで
会場:2階市民アトリエ〜1階企画展示室にて
聴講:無料

「体験 白黒写真をつくろう」(写真制作のワークショップ)
撮影からフィルム現像、プリントまでの制作を体験します
(一眼レフカメラをお持ちの方はご持参ください)
講師:道宏(出品作家)
日時:2008年9月27日(土)・28日(日) /各回 午前10時〜午後3時
会場:砺波市美術館2階市民アトリエ、暗室
受講料:3,000円
対象:一般12人

ギャラリートーク(担当学芸員による)
日時:2008年9月13日(土)、10月4日(土)/各回午後2時より
会場:1階企画展示室にて(要観覧券)